3. 肉ダネを作る

Photo by ako0811

まず、ひき肉に水分を閉じ込め、うまみを引き出すために、塩を入れてしっかりこねます。白い脂身部分が赤身と混ざり合い、粘りが出るまでこねましょう。

ポリ袋を使うと洗い物が少なく手軽ですよ。肉の温度が上がってしまうとおいしくないので、できるだけ冷たいうちに手早くこねるのがコツです。

Photo by ako0811

ひき肉をしっかりこねたら、玉ねぎ、卵、牛乳に浸したパン粉、こしょう、ケチャップを加えよく混ぜ合わせます。

Photo by ako0811

均一に混ざり合えば肉ダネの完成です。15分ほどねかせると、全体がよりなじんでおいしくなります。

4. ピーマンに肉ダネを詰める

Photo by ako0811

焼いているとピーマンから肉ダネがはがれてしまうことがあります。まずは肉ダネを少量とり、ピーマンの底にしっかりはりつけておきましょう。接着剤のような役割になります。

Photo by ako0811

底に肉ダネをしっかりはりつけたら、あとは押さえつけることなくこんもりと詰めます。こうすることで焼き上がりがふんわりジューシーになり、食べごたえが増しますよ。

焼き目をきれいに仕上げたい場合は、肉ダネの上からも小麦粉を薄くふっておくとよいでしょう。

5. ピーマンの肉詰めを焼く

Photo by ako0811

フライパンにうすく油をひき、肉ダネのほうを下にして中火できつね色になるまで焼きます。

Photo by ako0811

ひっくり返し、大さじ1杯の水(分量外)を加え、すぐにふたをして蒸し焼きにします。こうすることで、中までしっとり固くならずに焼けますよ。

Photo by ako0811

数分でフライパンの水分が飛びます。ピーマンがしんなりしていればできあがりです。

Photo by ako0811

ケチャップやウスターソースをかけていただきましょう。

ピーマンの肉詰めアレンジレシピ5選

1. ふっくらマイルド!ピーマンの肉詰めピカタ

Photo by macaroni

調理時間:25分
「ピーマンの苦みが得意ではない」という方におすすめなのが、こちらのピカタです。粉チーズ風味の卵液に肉詰めをくぐらせることで、苦みがマイルドになりますよ。ふっくら焼きあがった肉詰めは緑色と黄色がキレイで、食卓をぱっと華やかにしてくれます。

2. 並べてかわいい!カラフルピーマンの肉詰め

Photo by macaroni

調理時間:20分
カラフルなピーマンを使うことで、いつもの肉詰めがぐっとかわいくなりますね。カップ状に切って肉ダネを詰めたら、トースターで10分焼くだけ。トッピングのチーズがとろりと溶けて洋風テイストに仕上がりますよ。冷めてもおいしく、お弁当のおかずにもおすすめです。

3. 肉汁を完全封鎖!まるごと肉詰めピーマンのトマト煮

Photo by macaroni

調理時間:30分
ピーマンを切らずに丸ごと使ったダイナミックなひと品。トマトソースでゆっくり煮ると、とてもやわらかくジューシーに仕上がるんですよ。ピーマンの苦みがやわらぎ、お子さんも食べやすいので、家族みんなで頬張りたいですね。

編集部のおすすめ