会員制の馬肉専門店「ローストホース」が超美味しかった!

会員限定の「ROAST HORSE」(ローストホース)がついにオープンしました。「馬力屋ロッキー」の元店長が開店したというこちらのお店。場所は会員になった方のみ知ることができるんだそうです。最高の馬肉を扱う日本一の馬肉専門店の中身やいかに。

こんにちわ、narumiです。
ある日、こんなものが届きました。
開けてみると、ずっしりとした鉄みたいな素材でできたカード状のもの。いかにも重々しい質感ですが、これがマジで重くてちょっと財布には入れたくないレベル。でも入れておくしかない……。
なぜならこのお店の会員証だからーー。以前、こんな記事を書きました。みんな大好き渋谷のロッキー馬力屋の元店主・平山さんが独立して新たに会員制の馬肉屋をオープンするというのです。
特徴はクラウドファウンディングで店舗の設備費用を一部まかない、その支援者=会員として、クローズドに運営していくというところです。
日本一の石釜職人に馬肉用の釜を作ってもらう関係で、厨房とは別に300万円程度の費用が必要になったらしい。その部分をクラウドファウンディングでまかなって、ついでに会員限定にしてしまおうという珍しい試みが本プロジェクト。
オープン後1年間は店舗の場所、電話番号は、支援者のみに通知。一切広告を行わず、店舗情報も非公開にしていくという流れだそうです。
とても珍しい成り立ちの飲食店になりそうですが、なんといっても平山さんのお店ということで、ロッキー行ったことある人からは信頼厚く、即プロジェクトは達成されたのです。
◆◆◆◆
そしてその新店舗である「ROAST HORSE」(ローストホース)が某所でついにオープンしました。で、なにやらレセプション的なものにご招待いただいたので、菓子折り持ってお邪魔してきましたよ。
お店の場所は地下。看板はもちろん、入り口のドアもこんな感じで、まったく馬肉屋らしさがない。まるで「どこでもドア」のような深いピンク色の扉でした。
ドアを開けるとどーんと奥に広がる大きなテーブル。目の前にキッチン。壮観な光景です。
店内を歩いていると、もうキッチン丸見えです。グレーのTシャツが店長の平山さん。
店のオープンにあたって馬肉の試食のしすぎでかなりふっくらとしていますが、これまでけっこう波瀾万丈あったようです。そんなお話はこちら。
お店の入り口を振り返るとこんな感じ。どこでもドアっぽさが伝わりますでしょうか。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS