漬けるだけでラクうま!ごはんが10倍おいしくなる「炙り明太子ラー油」vol.21

漬け込みレシピといえば王道の煮卵、近ごろでは野菜や肉・魚などいろいろな食材を漬けるものが多く発信されています。この企画では、身近な食材を少ない調味料で漬け込む簡単レシピをシリーズでご紹介!第21弾は、明太子を炙ってラー油に漬けた、新米をかき込みたくなるごはんの供をご紹介します!

2019年10月8日 更新

新米にぴったりのごはんの供完成!

ラー油を注いだ明太子が入ったガラス容器

Photo by muccinpurin

季節はいつの間にか秋。そうです、待ちに待った新米の季節です。

そのままでもおいしい新米を、さらにおいしく味わうべく、この漬けるだけ企画でも “新・ごはんの供” をご紹介します。

明太子を炙ってたっぷりのラー油に漬けた、想像しただけでものどが鳴る「炙り明太子ラー油」。どうです?おいしそうでしょ?さっそく作っていきましょう!

レシピ

明太子ラー油の材料

Photo by muccinpurin

おいしさのポイントは炙ること。フライパンでさっと炙るだけで、香ばしさがプラスされておいしさ3割増しですよ!

材料

・明太子……1.5~2腹
・ラー油……小瓶1本(31g)
・食べるラー油……お好みの量

※今回は明太子を使いましたが、たらこでも代用できます。ラー油の量は漬ける明太子の量によって変わるので、各自調整してくださいね。

明太子の賞味期限を参考に早めに食べきってください。

下準備

明太子に竹串で穴を開ける

Photo by muccinpurin

明太子は竹串を使い、薄皮に何か所か穴を開けておきます。

これで、炙ったときに大きく破裂しなくなりますよ。

作り方

1. 明太子を炙ります

炙り明太子がのった白い皿

Photo by muccinpurin

明太子を炙ります。フライパンにオーブンペーパー(または魚焼き用のコーティングが施されたアルミホイル)を敷き、明太子をのせて火にかけます。

ときどき転がし、全面が白っぽくなったら火から下ろします。焼き加減はお好みですが、ミディアムレアぐらいがおすすめです。

※腹同士がくっついていた部分はどうしても焼くと破裂します。食べれば味は同じなのでご愛嬌!気にせずいきましょう。

2. 明太子をカットしてラー油に漬けます

ラー油を注いだ明太子が入ったガラス容器

Photo by muccinpurin

炙った明太子を冷まして食べやすい大きさにカットし、清潔な容器に入れてラー油を注ぎます。

焼きたての明太子はやわらかくて切りにくいので、完全に冷ましてから切ってくださいね。

食感を楽しむために、今回は食べるラー油も少量加えてみました。容器にフタをし、冷蔵庫で12時間以上漬ければ完成です!
赤いラベルのラー油が入った瓶

Photo by muccinpurin

ちなみに今回使った食べるラー油は、中国ナンバーワンと言われる調味料ブランド「ローカンマ」の『油辣椒(ユラージャオ)』。業務スーパーで「玉ねぎ入りラー油」という名前で販売されています。

フライドオニオンや乾燥大豆が入っていて、辛さの奥に無限のおいしさが詰まった、止まらなくなる味わいです。辛いもの好きな方はぜひ、試してみてくださいね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう