簡単!本場イタリアのジェノベーゼソースの作り方&活用レシピ4選

今回はイタリア料理でよく使われる「ジェノベーゼ」の作り方をご紹介します。ミキサーで作りますが、ない場合は包丁でも代用可能!意外と簡単に作れて、いろいろな料理に使える万能ソースなんですよ。ぜひお家で作ってみてくださいね♪

ジェノベーゼソースの作り方

材料(パスタ2人分)

・バジルの葉……50g
・松の実……30g
☆にんにく……1片
☆粉チーズ……20g
☆オリーブオイル……100cc
☆塩……ひとつまみ

準備

ジェノベーゼソースを入れる瓶とフタは、洗剤で洗って鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて沸騰させ、そのまま5〜8分加熱します。ペーパータオルの上に取り出し、乾燥させたら煮沸消毒の完了です。

作り方

1. 松の実はフライパンに入れ、中火で香りが出るまで炒り、粗熱を取ります。

2. ミキサーにバジル、松の実、☆の材料を入れてペースト状になるまで撹拌します。密閉容器に入れ、表面が空気に触れないようにオリーブオイル(分量外)を注いでふたをします。

ポイント

ミキサーがない場合は、バジルの葉やくるみを包丁で細かく刻んで作ってみてください。

作ったソースは、オリーブオイルでふたをすると酸化を防ぐことができますよ。余ったソースは清潔な容器に入れて冷蔵庫で1週間ほど保存可能!

ジェノベーゼソースを使った人気レシピ5選

1. えびといんげんのジェノベーゼパスタ

白いお皿に盛られたえびといんげんとジェノベーゼパスタ

Photo by macaroni

ジェノベーゼといったらパスタですよね。これは、基本レシピで作ったジェノベーゼパスタのレシピです。プリプリのえびとシャキシャキ食感のいんげんは、ジャノベーゼとの相性も抜群!お好みで粉チーズをかければまろやかになりますよ。

2. ほたてのジェノベーゼ焼き

殻付きのほたてにジェノベーゼとパルミジャーノをのせ、オーブン焼きにしたレシピです。簡単にできるのに、見た目もおしゃれなのでホームパーティにもおすすめ。塩気のあるジェノベーゼにパルミジャーノのまろやかさが合わさって、お酒がすすみますよ。

3. たことじゃがいもといんげんのジェノベーゼ

たことじゃがいも、いんげんをジェノベーゼソースで和えたレシピです。ゆでたホクホクのじゃがいもの甘さと塩気のあるジェノベーゼの相性は抜群!このままでもおいしいですし、パスタと合わせてもおすすめのひと品です。

4. ジェノベーゼ飯

ご飯ジェノベーゼをかけるだけの簡単レシピ。トマトや豆腐を入れたら簡単ランチのできあがりです。ジャノベーゼの塩気でご飯がもりもりすすみますよ。これの応用で、バターでご飯を炒め、ジェノベーゼをからめたチャーハンもおすすめ!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Yumsroll

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう