メインにも副菜にも!きゅうりの味噌炒めレシピ5選

19. 箸が止まらない。豚肉ときゅうりの濃厚味噌炒め

メイン料理をお探しの方は、肉ときゅうりを甘辛だれで炒めてみましょう。ジューシーな豚バラ肉を使うので、がっつり料理が食べたい日に最適です。あっさりと仕上げたい場合は、鶏むね肉でアレンジするのもおすすめですよ。

20. 簡単旨辛。きゅうりのテンジャン味噌炒め

食欲を刺激する、テンジャン味噌の豚ひき肉炒め。きゅうりをプラスして、食感と彩りをアップします。片栗粉でとろみをつけるため、ひき肉がきゅうりにしっかりと絡みますよ。ごはんが進む濃いめの味付けは、ビールのアテにも最適です。

21. 食感がいい。セロリときゅうりのピリ辛味噌炒め

シャキシャキ歯応えがよいきゅうりとセロリを、味噌炒めにします。両方とも火の通りが早いので、炒める時間は短くするのが、おいしく作るコツ。生のきゅうりとはひと味違う食感をお楽しみください。

22. 海苔が香る。きゅうりとそぼろの味噌炒め

海苔を加えることがポイントの、珍しいきゅうり炒め。ポリポリとしたきゅうり、海苔の風味、肉のコクが、絶妙なハーモニーを奏でます。そのまま食べるのはもちろん、ごはんにのせて丼にしても絶品。こってり系の味が好きな方は、韓国海苔を使ってもおいしく作れますよ。

23. 濃厚。きゅうりと豚肉のにんにく味噌炒め

歯触り楽しいきゅうりと、ジューシーな豚肉。2つの異なる食感が、口の中を楽しませてくれるひと品です。にんにくと味噌の味が濃厚で、ごはんが進みます。お好みで黒こしょうや七味唐辛子などをかけて召しあがってください。

きゅうり×味噌をいろいろなアレンジで♪

常備野菜の定番「きゅうり」と、和食の定番「味噌」を使うアレンジレシピをご紹介しました。和える・漬ける・炒めるなど、調理方法を変えることでレパートリーを増やせるのは、うれしいですよ。いつもの献立にはもちろん、おつまみやお弁当おかずなどに、ぜひ作ってみてください。

編集部のおすすめ