サクサクごぼう天の作り方。揚げ方のコツ&ごぼうの活用レシピ3品も!

ごぼうのささがきを天ぷらにした「ごぼう天」。サクサクとした食感にごぼうのいい香りが口の中に広がります。揚げたてをうどんやそばの付け合わせにしてもいいし、そのまま塩をまぶして、スナック感覚のおやつにもなります。ごぼうの地味な外観からは想像できない、食感と香りを楽しむひと品です。

2019年10月7日 更新

こちらもおすすめ♪ ごぼうの人気レシピ3選

1. ごぼうと玉ねぎのチーズポタージュ

カッティングボードにのった丸パンとごぼうと玉ねぎのチーズポタージュ

Photo by macaroni

ごぼうといえば煮物のイメージがありますが、スープにしてもごぼうはおいしく食べられます。スープだと、子どもでも食べやすく、家族みんなで楽しむことができます。ごはんだけではなくパンと一緒に食ベられるレシピなので、料理の幅も広がりますね。

2. 甘辛スティックチキンごぼう

白いフードコンテナに入った甘辛スティックチキンごぼう

Photo by macaroni

定番の煮物から離れて、ちょっと変わったごぼう料理が食べたくなったら、こちらのレシピがおすすめです。低脂質のささみと食物繊維たっぷりごぼうで作る作り置き料理です。甘辛な味付けでごはんが進みます♪お弁当のおかずにもぴったりですよ。

3. ごぼうのスティッククッキー

ココットに入ったごぼうのスティッククッキー

Photo by macaroni

カリッぽりっと楽しくなるような食感を楽しめるごぼうを使ったおやつレシピです。ごぼうがたっぷり入っているので、野菜不足だなと感じている方にぴったりです。いつものキャンディーやクッキーと置き換えて、とびきりの手作りのおやつでティータイムを彩ってみませんか。

小気味いい食感がやみつきになりそう

食物繊維が豊富で、低カロリーなごぼうは天ぷらなような揚げ物にしても、あまり罪悪感を感じずに食べることができます。しかも、油でカラッと揚げることで、「サクサク」とした小気味いい食感を味わうことができます。
ごぼうは、旬の時期はあるものの、今は年中お店で並ぶ野菜なので、毎日の食生活の一部としてごぼう天もぜひお試しください。ごぼう天なら油っぽさも感じず、スナック感覚でおいしくいただけます。もうやみつきになること間違いなし!
▼サクサク天ぷらのコツはこちら!
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cestalavie

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう