はちみつで作る「大学芋」のレシピ&これから使えるアレンジ5選も

秋から冬にかけてが特においしい、家庭の定番おやつ「大学芋」。小さいころから大好きなおやつだと思っていらっしゃる方が多いことでしょう。今回は砂糖を使わず、はちみつを使ってたれを仕上げていきます。とっても簡単にできるのでぜひ、ご家庭でお試しくださいね。

2019年9月17日 更新

はちみつを使って「大学芋」を作ろう!

お皿に盛られた大学芋

Photo by koku_koku

調理時間:20分
秋といえば、さまざまな品種のさつまいもが店頭に並ぶ時期ですよね。ホクホク系?蜜たっぷり系?さまざまなタイプのお芋を使っておいしい大学芋を作りませんか。やさしい自然のあま味がうれしい「はちみつ」を和風にアレンジして作ってみましたよ。

材料(2人分)

大学芋の材料

Photo by koku_koku

・さつまいも(今回は紅あずま)……1本(300g)

・はちみつ……大さじ2杯
・しょうゆ……大さじ1杯
・みりん……大さじ1杯

・黒ゴマ……適量
・揚げ油……適量
・塩……ひとつまみ

コツ・ポイント

あく抜きは大切な下ごしらえとなります。おいしく仕上げるためには必要な工程なので省略しないで行いましょう。しっかりあく抜きをしたさつまいもは、雑味がなくたれがしっかり芋に絡んでおいしくなりますよ。

作り方

1. さつまいもの下ごしらえ

水にはられたさつまいも

Photo by koku_koku

さつまいもはよく洗い、食べやすい大きさに切ってあく抜きをします。ボールに水を張って塩をひとつまみ入れ、10分おきましょう。
水気を取ったさつまいも

Photo by koku_koku

あくを取った後は、キッチンペーパーなどで水気をしっかり取っておきましょうね。

2. さつまいもを油で揚げましょう

さつまいもを油で揚げている様子

Photo by koku_koku

キッチンペーパーなどで水気をよくふき取って、180度に温めた油で5分揚げましょう。全体がカリッとなるまで揚げていきます。

3. たれを絡めて完成

さつまいもに調味料を絡める様子

Photo by koku_koku

(a)の材料を2のさつまいもと絡めていきましょう。
たれを煮詰めてさつまいもに絡めていく様子

Photo by koku_koku

たれは煮詰めていくと強いとろみが出てきます。さつまいもを転がしながらたれを絡ませると、とても鮮やかな色が付きますよ。
お皿に盛られた大学芋

Photo by koku_koku

最後に黒ゴマをふりかけて、全体になじませたら完成です!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう