野菜も一緒に食べることも忘れずに

牛タンに限らず焼き肉を食べるときには、肉類だけではなく野菜も一緒に食べることを忘れないようにしましょう。水分が多くカロリーが低いキャベツやもやしなどの野菜を食べると満腹感が得られるため、牛タンの食べすぎを防げます。 また、野菜には食物繊維が多く含まれます。食物繊維には糖の吸収をおだやかにして血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールを体外に排出する働きがありますよ。(※14)

ダイエット中は牛タンを食べる量に気をつけよう

牛タンは焼肉でよく食べられるほかの牛肉の部位に比べるとカロリーは控えめですが、豚肉や鶏肉よりも高カロリーな食材です。 ダイエット中の方は、ごはんの種類やタレとの組み合わせを工夫して、カロリーの摂りすぎにならないように気を付けてくださいね。牛タンを食べすぎないよう、野菜と合わせることも大切です。牛肉のなかでも希少部位でなかなか味わえない牛タン。食べる量に注意して、おいしくいただきましょう。
【参考文献】
※3 日本人の食事摂取基準2015年度版(第一出版)
※4 新ビジュアル食品成分表 新訂第二版 大修館書店
(2019/10/07 参照)
【文】管理栄養士 / 渡辺りほ 学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成・食に関する指導に従事。現在は在宅WEBライターとして、食事・栄養・健康についての記事を執筆している。
▼牛タンの焼き方も知っておいしくダイエットしよう!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ