学芸大学で人気のパン屋「ティグレ」のミルクフランスが食べたい!

学芸大学「Panaderia TIGRE(パナデリーヤ ティグレ)」は、自然派製法にこだわった絶品ベーカリー。定番メニューも美味しいけれど、まだ皆が気づいていない美味パンを知りたくありませんか?今回は『ミルクフランス』の魅力をご紹介します!

人気のグルメエリア “学芸大学” トップレベル!

学芸大学といえば、言わずと知れたグルメ激戦区。お食事処からスイーツ屋さんにいたるまで、どのジャンルもしのぎを削っています。
駅前・メインストリートはもちろん、裏通りにも、お店が軒を連ねているのが印象的。
その中でトップに君臨するパンの名店。それが、
「Panaderia TIGRE(パナデリーヤ ティグレ)」です。
ティグレのパン生地は、保存料やイーストフードなどを使わずにパンを作る、自然派のお店なのです。
季節やメニューに応じて酵母を使い分け、ワインやビールに合うパン、サンドイッチやデザートに合うパン、食事やオードブルに合うパンなど、約80~100種類の商品が並んでいます。
値段は意外とリーズナブル。そしてとにかく種類が豊富。しっかりパンと具材のバランスが良く食べやすく、とても美味しいと評判!

隠れた名品『ミルクフランス』

『ミルクフランス』は、しっかりとしたフランスパンの中に自家製の練乳ミルククリームが入った一品。

香ばしいパン生地のうっすらとした塩味と、優しい味のミルククリームのほのかな甘さがベストマッチ!文句なしの美味しさです。
ホイップクリームとホイップバターとミルククリームを足して割ったような、ほわホロッとした軽い口当たりと、滑らかな口溶け。(中略)

コレはミルクのイイ香りはするのだけど、甘さ控えめだから、バター風味のほうが若干目立つかも。
でも、それを生地の香ばしさがしっかり受け止めていて、油脂感が全く気にならないよーになってます。
口の中で上手い具合に生地にクリームが染み込んでいきました。

出典: ameblo.jp

中のクリームが余熱でじんわりとろけるくらいにリベイクすると、さらに美味しさがアップ♪

他にも、定番『クロワッサン』や名物キャラが!

好評のパンがたくさんの「ティグレ」。ミルクフランスの他にも、味わっておきたいのはシェフのスペシャリテ『クロワッサン』!

27層に織り込まれた生地は、表面はサクサク、中はしっとりの食感でやみつきです。
常連さんに秘かに人気なのが、袋にも描かれているお店のシンボル「ティグレ(スペイン語で “虎” )」。可愛くて愛嬌のある表情に、心が和みます♡
体に優しい製法にこだわって作り出されるパンは、どれも美味しくて、毎回選ぶのに困るほどの品揃え。
パンの香りに囲まれて悩む幸せを味わいたい方に、ぜひオススメのお店です♪

店舗情報はこちら

特集

SPECIAL CONTENTS