売りきれ必至!「京都・村上開新堂」のレアパフェが伊勢丹新宿店に登場

2019年9月4日(水)〜9日(月)、伊勢丹新宿店で「伝統とモダンの競演 京都展」が開催されます。27回目の開催となる同展は、京都の食トレンドを知る絶好の場。今回は老舗洋菓子店「京都・村上開新堂」が、「フルーツパーラー・クリケット」とコラボレーションしたパフェがお目見えしますよ。

2019年9月4日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。

伊勢丹新宿店限定! <京都・村上開新堂>×<フルーツパーラー・クリケット>のコラボレーションパフェ

<京都・村上開新堂×フルーツパーラー・クリケット>京の雫 1,801円(税込) 各日350点限り ※レストラン予約は8月18日(日)午前10時〜9月7日(土)午前10時の期間、オンラインのみで受付
<京都・村上開新堂>は、明治40年に京都で創業。長い歴史の中では作家・池波正太郎が愛した菓子の店として名を馳せるなど、京都人なら誰もが知る老舗洋菓子店です。特に近年は焼き菓子「ロシアケーキ」が人気を博し、京都土産として求める観光客も後を絶ちません。 そんな名店が今回コラボレーションするのが、昭和49年に創業の人気店<フルーツパーラー・クリケット>。目利きが選び抜いたフルーツを丸ごと使ったゼリーは、手土産としても重宝されています。 今回誕生したコラボレーションパフェ「京の雫」。実は<京都・村上開新堂>の店主・村上彰一さんと<フルーツパーラー・クリケット>の店主・小坂洋平さんは以前から親交があり、実現した夢のような企画。ふたりがお互いのこだわりを詰め込んで出来上がった逸品です。

洋菓子&フルーツ。匠の技が華麗に融合

<京都・村上開新堂×フルーツパーラー・クリケット>京の雫 1,801円(税込) 各日350点限り ※レストラン予約は8月18日(日)午前10時〜9月7日(土)午前10時の期間、オンラインのみで受付
京を代表する2つの名店のコラボレーションによって誕生したのは、<京都・村上開新堂>の洋菓子の技と<フルーツパーラー・クリケット>のフルーツ使いが融合した、8層のパフェ。濃厚なピスタチオクリーム、甘酸っぱいラズベリークリームという対照的な味わいの2層に続くのは、チョコスポンジとクッキー。 食感の妙を楽しんだ後は、アメリカンチェリーと最下層に敷かれたキウイフルーツとゼリーで、さっぱりと食べ終える構造です。トップを飾る<京都・村上開新堂>のクッキーは、最初に食べるのもよし、最後のお楽しみにとっておくのもよし!

本店のカフェでしか味わえない「フォンダン・ショコラ」&「ほうじ茶シフォンケーキ」も登場

<京都・村上開新堂>フォンダン・ショコラ 701円(税込)
今回の催事では、<京都・村上開新堂>のカフェで人気のメニュー2品も東京に上陸。京都では1日10セット限定という、レア度の高いのスイーツです! ひとつめは、上品な佇まいも美しいフォンダン・ショコラ。使用されているのはカカオ64%とビターなチョコレートで、しっとり濃厚な舌触りとも相まってまさに大人の味わいのケーキです。ナイフを入れると、中からチョコレートがとろり。甘さ控えめの生クリームをたっぷりつけてどうぞ。
<京都・村上開新堂>ほうじ茶のシフォンケーキ 701円(税込)
ふたつめは、「ほうじ茶のシフォンケーキ」。生地はきめ細かく、しっとりやわらか。ケーキに練り込まれているのは「一保堂茶舗」の極上のほうじ茶で、口に含むたびに香ばしさが広がります。添えられた生クリームは、ボリューミーな見た目に反して口当たりが軽く、ペロリと食べられそうなひと皿です。

「伝統とモダンの競演京都展」は9月4日から!

ほかにも見どころ満載の「伝統とモダンの競演京都展」は、たった6日間の開催です。気になった方はぜひお見逃しなく!

【催物のご案内】

伝統とモダンの競演 京都展
開催期間:9月4日(水)~9日(月)(最終日午後6時終了)
伊勢丹新宿店本館6階=催物場にて、京都の伝統工芸品から最新の食のトレンドまでが一堂に会する催物、「伝統とモダンの競演 京都展」を開催いたします。 <京都・村上開新堂>×<フルーツパーラー・クリケット>のコラボレーションパフェ「京の雫」は、レストラン予約の一部をオンラインストアで承ります。
<京都・村上開新堂>×<フルーツパーラー・クリケット>のコラボレーションパフェ「京の雫」は、レストラン予約の一部をオンラインストアで承ります。
※詳しくは伊勢丹オンラインストアをご確認ください。
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS