日本初。「ひつじのショーン」ミュージアムカフェがオープン

イギリス発クレイ・アニメーション「ひつじのショーン」をテーマにしたコンセプトカフェ『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』が、2019年11月より東京・町田にオープンする「グランベリーパーク」内に出店します。

2019年8月21日 更新

『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』がオープン

© Aardman Animations Ltd 2019

© Aardman Animations Ltd 2019

「ひつじのショーン」は、アカデミー賞®をはじめ世界の権威ある賞を多数受賞するなど常に高い評価を獲得してきた、イギリスの「アードマン・アニメーションズ」がストップモーション技術を用いて製作するクレイ・アニメーションで、世界 170 の国と地域で愛されている人気の作品です。
この度オープンする『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』は、20〜30代の大人の女性がターゲット。「ひつじのショーン」をテーマにしたコンセプトカフェとして、初の大人向けのメニューも検討しており、ここでしか体験する事ができないメニューやグッズ、ワークショップやイベントなどを楽しむことができます。

大人も楽しめるメニューや仕掛けが満載!

ショーンのアップルクランブル

イギリスの家庭的な冬の定番スイーツ。甘酸っぱいりんごのコンポートにサクサクのクランブルをのせて焼き上げ、アイスクリームと生クリームがのせられています。クランベリーソースを添えてお楽しみください。

ビッツァーのハンバーグプレート

顔はオニオンとターメリックのピラフ、鼻はビーフハンバーグ(下にカレーソースが隠れています)。耳はソーセージ、帽子はハーブティーで色づけしたマッシュポテト。小学生の男の子にビッツァーのファンが多いので、男の子の大好きなものがたっぷりのせられています。

3 匹のいたずらブタのよくばりロール

いたずらブタが覗き込んでいる様子のロールパンのサンドイッチ。ブタはビーツ入りマッシュポテト。具材はカレー風味のカーネーションチキンやソーセージと野菜の煮込み、マカロニチーズなどボリューム満点です。

シャーリーの食いしん坊グラタンオムライス

ピラフごはんにチキンとラタトゥイユをのせて卵をかぶせ、グラタンソースとチーズをたっぷりかけて焼き上げています。チーズがとろける熱々オムライスです。

世界観が演出されたこだわりの空間

また、キャラクターの世界観により没入いただけるよう、エントランスは作中に登場する牧場主の家の外装を忠実に再現。カフェスペースでは、作品のキャラクターの立像や人形たちがお出迎えしてくれます。
© 2019 Aardman Animations Limited and Studiocanal SAS

© 2019 Aardman Animations Limited and Studiocanal SAS

来年の2020年にキャラクター誕生から生誕25周年を迎える「ひつじのショーン」。日本では 2007 年の放送開始より13年が経ち、2019年12月13 日(金)には長編映画第2弾となる「映画 ひつじのショーン UFO フィーバー!」の公開も決定しています。ますます盛り上がりを見せる「ひつじのショーン」に、ぜひ注目してみてください♪
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう