涼しくなっても油断は禁物!食中毒を予防するためのコツを栄養士が教えます

10月に入り、いよいよ暑い日々も終わりですね。過ごしやすい気温になり、お弁当作りもはかどるもの。でも、涼しい季節でも食中毒にならないために気を付けて。おいしくて安心安全なお弁当作りのポイントを栄養士がご紹介します。

2019年9月10日 更新

この時期気を付けたい食中毒

食中毒の原因である細菌の働きがもっとも活発になるのが、この夏の時期の気温です。日本は湿度も高く、30度を超えるような日が続く季節は、食中毒に注意が必要です。

細菌が増殖する3大条件である温度、水分、栄養がそろってしまうと食中毒の可能性が高まります。お弁当は、水分と栄養分がたくさんあるので、暑い時期は特に食中毒への注意が必要になります。

食中毒予防に気を付けたいこと

手指や調理器具に菌をつけない

まずはしっかり手洗いをしてから調理をはじめましょう。石けんを泡立て、手のひらや手の甲はもちろんですが、指の間、爪、手首まで、洗い残しないようしっかり洗います。水気をとったらアルコール消毒をするとさらに殺菌効果がアップします。

また調理器具にも菌がついていることも。とくにまな板は菌も増殖しやしため要注意です。肉や魚、生で食べる野菜とで使い分けをしたり、煮沸消毒するなどリスクをさげる対策を心がけましょう。

菌を増やさないテクニック

食中毒菌の多くは75℃で1分以上加熱することにより死滅します。そのため、火を通さない生野菜は夏場のお弁当には不向きです。また卵の加熱も半熟ではなく、しっかり加熱入れることをおすすめします。お弁当作りに便利な、前日の残り物やつくりおきおかずは、再加熱してからお弁当につめるようにしましょう。

また、水分の多いおかずは菌が繁殖しやすいので、水分の少ないじゃがいもやかぼちゃなどを使用したり、卵焼きに片栗粉を入れて水分が出ないように工夫したり、野菜は水分がとぶまで炒めるなどの調理法が向いています。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

saaya

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう