インパクト抜群!豪快に魚介が楽しめる「熱海銀座 おさかな食堂」がオープン

ブーム再燃で賑わいを見せる熱海銀座商店街に、熱海・伊豆の地場食材をメインに使った海鮮エンターテインメント食堂「熱海銀座 おさかな食堂」がオープン。網代で獲れたサバや近海で獲れたアジ、金目鯛などを贅沢に乗せた海鮮丼が一押しです!

2019年8月16日 更新

「熱海の宝を伝え、熱海の夢を語る食堂」

ブーム再燃で賑わいを見せる熱海銀座商店街に、熱海・伊豆の地場食材をメインに使った海鮮エンターテインメント食堂「熱海銀座 おさかな食堂」(夜はおさかな酒場)がオープンしました!

大漁旗が掲げられた店頭からは活気が伝わってきますね。
店舗は「古き良き熱海らしさと新しい熱海」を表現した「熱海ノスタルジー」がコンセプト。
昼は海鮮丼や定食、夜は海鮮居酒屋として、それぞれ鮮度抜群の地魚などが楽しめるお店なんです。
こちらのお店では、「熱海にはこんな美味しい食材がある」ことを伝えていきたいという思いから、熱海の地元、近海の鯖やサーモンなどの魚介を使ったり、
熱海で頑張っている個人のお店、お豆腐屋さんだったり干物屋さんだったりから直接仕入れをして販売しているそう。

ランチに食べたい、豪快な海鮮丼メニュー

ランチは地魚を使ったさまざまな海鮮丼が食べられます。

網代サバ丼(1280円)

地魚を使った丼の中でも一番のおすすめ商品が、網代サバ丼(1280円)です。

熱海市の網代漁港で、近海で採れる小さめの鯖を海で養殖している鯖を使用。
天然の鯖よりも丸々太って、脂乗りがバツグン!
この鯖を、お刺身と炙りの両方を乗せた豪華な丼です。

熱海サーモン・いくら丼(1280円)

イクラとサーモンを使った熱海サーモン・いくら丼も人気の一品。

網代港の海の生簀で養殖したサクラマスは、脂がのって柔らかく絶品。
いくらをトッピングしてさらに豪華に仕上げています。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ハツ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう