【動画レシピ】お正月前に確認!おせち料理の作り方の基礎・総まとめ

お正月といえばおせち料理ですが、自宅で一から作るのは難しいイメージがあるのではないでしょうか。今回は色々な種類のおせちの作り方を、動画で解説。初心者でも作りやすいように、工程を丁寧に追っています。次の年明けは、手作りおせちで迎えてみては?

おせち料理ってどんなもの?

お正月の定番となったおせち料理ですが、実は元々お正月だけに食べられていたものではなかったのです。

始まりは中国で行われていた、節句を祝うためのお祝いのお料理。元々は年の節句に合わせて年に何度か食べていたようですが、後に一番大切な日である元旦に食べるようになったのだそう。

昔から食べられていたものですので、保存のきくものが中心になっています。入っているものは土地によって若干異なるようですが、ここでは比較的多くの地域で食べられているもののレシピをご紹介します。

【壱の重】祝い肴・口取り

おせちのお重は上から数えます。一番上の壱の重は、お酒のおつまみになるような料理が入っています。ここは地域によって多少メニューに違いがあるのですが、作り方が少しわかりにくいものについてご紹介していきますよ。

1.黒豆

1.黒豆

Photo by macaroni

黒豆は、黒く日焼けをするほど豆に働けるように、という願いを込めて食べるもの。更に、黒という色は邪気を払う色と言われており、魔除けの意味合いもありますよ。

しわがよらないように、ふっくらと炊き上げるのがポイントです。

2.紅白かまぼこ

2.紅白かまぼこ

Photo by macaroni

かまぼこは、その半円状のかたちが初日の出のように見えることから縁起がよいとして用いられています。紅白のものが使われるのは、赤は魔除けの、白は清らかさを示すからなのだそう。

飾り切りをすることで、そのままよりもぐっと華やかになりますね。

3.伊達巻

3.伊達巻

Photo by macaroni

伊達巻の名は、戦国時代の武将・伊達政宗の名前から取られたと言われています。卵に白身魚や海老のすり身を混ぜて作るため、ふわふわとした口当たりが特徴。

巻物のように見える見た目から、知識をたくさん持てるようにという願いが込められているのです。

4.栗きんとん

4.栗きんとん

Photo by macaroni

栗きんとんは、色合いからも想像がつくかもしれませんが、金運の上昇を狙って食べるもの。黄金色の見た目から、金銀財宝を意味しているのだそう。

市販のものは甘みが強いと感じる方は、ぜひ手作りで好みのものを作ってみてくださいね。

5.昆布巻き(こぶまき)

特集

SPECIAL CONTENTS