夏が終わる前に買うべし!カルディのいちおしアイテム集

季節ごとに登場する、オリジナルアイテムが人気のカルディ。この夏も、暑いからこそおいしい旨辛系や、ひんやり冷たいおやつなど、いま食べたいアイテムが勢ぞろいしています。夏休みのランチやおやつタイムのお供にぴったりの「夏のいちおしアイテム」をご紹介します!

2019年8月20日 更新

夏が終わる前に!カルディのいちおしアイテム

具だくさんの冷やしそば

Photo by akiyon

毎日更新される最高気温に、そろそろからだが疲れてきている頃でしょうか?夏バテ予防は、食生活からとはいえ、暑いキッチンでの料理がおっくうなのがホンネですよね。

この夏は、カルディのお手軽夏アイテムで、おいしく手抜きしちゃいましょう。さっぱり系から旨辛系、シメのスイーツまで幅広くそろった「夏のいちおしアイテム」を食べ比べてみました!

1. エアリー感が新鮮!「ふわっふわ削りチーズ」

ふわっふわ削りチーズ

Photo by muccinpurin

「ふわっふわ削りチーズ」198円(税込)

チーズって、 “とろ~り” とか “カリカリ” といった食感のイメージが強いですよね?

ところが、カルディの「ふわっふわ削りチーズ」はその名の通り、 “ふわっふわ” でチーズの概念を覆すチーズらしからぬチーズなんです。

パッケージの写真を見ただけでも、到底チーズとは思えませんよね……。
ふわっふわチーズ

Photo by muccinpurin

ぺしゃんこだった袋から出てきたチーズは、まるでかんなで削ったような薄い薄いチーズ。チーズと言われなければわからないかもしれません。

トマトとバジルで、香りはまさにピザそのもの。つまんで食べてみると、燻製がかったチーズの風味が口いっぱいに広がり、それがチーズだということが確認できます。鱈のすり身を使っているので、おつまみ系で止まらなくなるおいしさですよ!

2. サラダ以外でも大活躍!「たまねぎポン酢」

玉ねぎポン酢の瓶

Photo by akiyon

「たまねぎポン酢」405円(税込)

「たまねぎポン酢」は、淡路島産の玉ねぎと国産ゆずを使った、具だくさん系ドレッシング。カルディオリジナルブランドのもへじが作っています。

商品名だけ書かれた潔くシンプルなボトルから、たっぷりと玉ねぎを使っていることがよくわかりますよね。
麺料理

Photo by akiyon

玉ねぎが入っていてとろみがあるたまねぎポン酢は、とにかく食材によく絡むのが特徴。唐揚げにかけたり、きゅうりやわかめと和えて酢の物にしたりと、これ一本で味が決まります。

夏のおすすめアレンジは、なんといっても麺料理。単調になってしまいがちな麺料理も、途中でたまねぎポン酢をちょいかけすれば、味が変化してさらにおいしく食べられますよ♪

3. クセになる辛さ!「ラー蕎麦」

ラー蕎麦

Photo by mamhiroe

「半生ラ~蕎麦」288円(税込)

2018年にじわじわと火が付いたシビ辛ブームを受け、今年の夏も引き続き辛いアイテムの人気は継続中。

「半生ラー蕎麦」は、半生の蕎麦に特製の濃縮つゆ、さらに「八幡屋礒五郎」の七味唐辛子までついた本格派で、288円と驚きのお手頃価格。これは夏休みのお昼にぴったりのアイテムですね!
蕎麦をつゆにつける

Photo by mamhiroe

濃縮つゆはただのそばつゆではなく、あらかじめ辛い味付けになっているので、勢いよくそばをすすると辛さでむせる可能性が……。半生麺は打ちたての蕎麦のようにコシがあり、自宅でゆでたとは思えない本格的なのどごしを味わえます。

付属の七味唐辛子で追い辛すれば、パッケージのクマのように旨辛が味わえますよ!

夏場はランチタイムのお弁当も、涼し気なメニューを投入したいところ。一食288円とお手頃価格なので、つけ汁を別容器に入れて、お弁当にも使えそうですね!蕎麦に野菜や冷しゃぶを添えれば栄養バランスも完璧です。

4. 時短ごはんの救世主!「トマトカレー」&「トマト冷麺」

トマト冷麺とトマトカレー

Photo by akiyon

左:「トマトカレー」298円(税込)
右:「トマト冷麺」226円(税込)

夏は一年のなかでもおいしい野菜が多く出回る季節。真っ赤に熟したトマトも、夏の人気野菜のひとつですよね。

カルディではオリジナルの「トマトカレー」と「トマト冷麺」を展開中。どちらも全面にトマトを押し出した、トマト好きなら見逃せないアイテムです。
トマトカレー

Photo by akiyon

隠し味に入れることはあっても、トマトを主役にしたカレーなんて見たことないですよね。温めたトマトカレーを皿に開けると、これでもか!とトマト色のカレーが登場。ルーはもちろん、ほどよく煮崩れたトマトも残っています。

さわやかな酸味と甘みに、チキンの旨みが加わったトマトカレーは、暑い夏に欲しくなるさっぱり味が特徴。

カレーとして食べる以外にもパスタソースやグラタンのベースなど、いろいろなアレンジ料理でそのおいしさを味わえそうです!
トマト冷麺

Photo by akiyon

トマト冷麺最大の魅力が、ゆで時間の短さ。ゆで時間なんと40秒で、冷麺特有のシコシコとのど越しのいい麺が味わえるのは、サッと済ませたい夏の料理にぴったりですよね。

喉越し抜群の麺とトマトのさわやかさが光る特製つゆがよく絡み、からだのなかからクールダウンできそう。生ハムやサラダチキン、かにかまなどお好みの具材をのせて召し上がれ♪

5. タピオカ…じゃない!? 「ポッピングボバ」

2色のポッピングボバ

Photo by muccinpurin

左「コーティングジュース キウイ(ポッピングボバ)」149円(税込)
右「コーティングジュース ストロベリー(ポッピングボバ )」149円(税込)

一瞬「カラフルなタピオカ!? 」と勘違いしてしまいそうなのが「ポッピングボバ」。実はこちら、韓国で人気のコーティングジュースと呼ばれるスイーツなんです。

いくらのように薄い皮膜でジュースをコーティングし、パフェやソーダに入れて見た目やはじける食感を楽しむのが定番。カルディでは「ストロベリー」「キウイ」「ブルーベリー」の3種が販売されています。
ポッピングボバを使ったアイス

Photo by muccinpurin

定番の楽しみ方は、ソーダ水やカクテルに浮かべて飲む方法。ソーダやカクテルを飲みながら、口のなかで弾けたポッピングボバで味が変わるのがとても新鮮です!

さらに、夏のおやつタイムに欠かせないアイスとともにグラスに重ねれば、見た目も涼し気なパフェが完成。ほおばるたびに、プチプチっとポッピングボバがはじけて、いちごやキウイの味が口いっぱいに広がります。カラフルで、写真映えも完璧です!
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう