残暑を乗り切る!さっぱりおいしいフード&ドリンク5選

厳しい残暑にお疲れ気味で、料理をするのもちょっと億劫……。そんなときは、栄養たっぷり、かつ食べやすいお惣菜があるとうれしいですよね。今回は、伊勢丹新宿店の人気ブランドが提案する、この時季にぴったりな、さっぱりおいしいフード&ドリンクをご紹介します。

2019年8月9日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。

ジューシーな冬瓜のさっぱりあんかけ<味の浜藤>

594円(税込)※販売期間:2019年7月上旬~9月下旬予定

<味の浜藤>冬瓜の海老あんかけ(1パック) 594円(税込)※販売期間:2019年7月上旬~9月下旬予定

水分が多く、さっぱりと食べられる夏野菜、冬瓜を炊いた<味の浜藤>の「冬瓜の海老あんかけ」。じんわりと出汁が染みわたるやさしい味わいが魅力です。

ジューシーでやわらかい冬瓜の果肉に海老のプリプリ感、枝豆の歯ごたえがほどよいアクセントとなり、お酒との相性も抜群。しっかり冷やすとより一層おいしくいただけます。

のど越し抜群! 蟹といくらの冷製フラン<レブレ>

432円(税込)※販売期間:2019年4月~9月

<レブレ>いくらと蟹の冷製フラン(1個) 432円(税込)※販売期間:2019年4月~9月

本格フレンチのお惣菜が揃う<レブレ>の、いくらと蟹の身を贅沢に盛り付けた洋風茶わん蒸し「いくらと蟹の冷製フラン」は、なめらかなフラン生地と爽やかなジュレの喉越しがたまりません。

野菜のブイヨンにクリームを合わせたまろやかな味わいのフランが、蟹といくらを上品に引き立てます。華やかな見た目でおもてなしにもふさわしいひと品です。

夏野菜もたっぷり! ひんやりジュレの魚そうめん<下鴨茶寮>

584円(税込) ※販売期間:~8月末予定

<下鴨茶寮>夏野菜と魚そうめん(1個) 584円(税込) ※販売期間:~8月末予定

色どり美しい涼しげなビジュアルが目を引く「夏野菜と魚そうめん」は、京料理の老舗<下鴨茶寮>の夏の定番。魚のすり身を練りこんだ魚そうめんのつるりとした独特の歯ごたえに、パプリカやトマト、オクラなどの夏野菜のシャキシャキ食感がよく合います。

温泉卵とだしのジュレをしっかりとからめて、リッチな仕立ての魚そうめんを楽しんで。

シャキシャキとした長いもの食感がやみつきに。<マルテン天長>

540円(税込)※販売期間:2019年8月13日(火)〜8月31日(土)

<マルテン天長>長いもしょうゆ仕込み(140g) 540円(税込)※販売期間:2019年8月13日(火)〜8月31日(土)

夏バテ防止食材としても有名な国産の長芋をあっさり仕立てのしょうゆ漬に。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のアテにもぴったりのお漬物です。長芋のシャキシャキでトロッとした食感がアクセント。

一口食べると食感がクセになり箸が止まらず気づいたらやみつきに。細かく刻んで冷製サラダにトッピングしたり、そうめんのつゆに混ぜたりと夏ならではの使い方もおすすめです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう