ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

おいしい夏食材が勢ぞろい

なすにピーマン、トマトにとうもろこし……。毎日食べても飽きないほど、夏野菜は種類が豊富。季節は徐々に秋に近づいていますが、まだまだ夏は終わりません! 手に入りやすい卵や肉に旬の夏野菜を使った、1週間の献立を考えました。これで今週一週間をおいしく乗り切りましょう!

月曜「ボリュームサラダでさっぱり献立」

メイン「豚しゃぶとなすのピリ辛サラダ」

Photo by macaroni

ジューシーななすと豚しゃぶで、夏バテ気味のからだに栄養をチャージ!なすは焼かずにゆでるので、短時間で甘く仕上がりますよ。 ラー油を使った特製だれの味がしっかり絡むように、ゆでたなすと豚肉の水分をしっかりとふき取るのがポイント。さっぱり味なのでサラダ感覚で食が進みますよ♪

メイン「香ばし醤油たれの焼きもろこしおにぎり」

夏の風物詩ともいえるとうもろこしごはんを、焼きおにぎりにしちゃいました。しかも、とうもろこしをあらかじめバター醤油で炒めるので、いつもの何倍もおいしく。 ごはんがまとまりにくいときは、ラップで包んで握り、焼く前に少し冷蔵庫で休ませるときれいな形に仕上がります。しょうゆを塗って焼き上げたときの、香ばしさはたまりません!

火曜「カレーで食欲促進!パワフル献立」

メイン「夏野菜と鶏肉のスパイシーソテー」

夏といえば、やっぱりカレー。ミニトマトとズッキーニ、かぼちゃなどの夏野菜オールスターを、鶏肉と一緒にカレー味で炒めました。カリカリに焼いた鶏肉と、ジューシーな夏野菜の相性はばっちり!おつまみ感覚でパクパク食が進みます。 カレー粉はメーカーによって多少辛さが違うので、分量を調整して好みの味に仕上げてくださいね。

サブ「水菜の浅漬け」

サラダや肉料理の添え物になることが多い水菜も、浅漬けにすれば立派な主役に。昆布茶を使えば出汁を取らなくても味が決まるので、あっというまに仕上がりますよ。 細い水菜だからこそ、漬け時間はたったの20分。夕方漬けて晩御飯に間に合う、優秀なレシピです!

水曜「タイ料理で気分転換献立」

メイン「しらたきパッタイ」

タイ料理の定番メニュー・パッタイ。通常は米を使った麺で作りますが、手軽に手に入るしらたきを使ってアレンジしました。 味のポイントはたくあんとナンプラー。このふたつは本場のパッタイの味付けにも欠かせません。しらたきを使えばパッタイが身近になるだけでなく、大幅なカロリーダウンも狙えますよ!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ