オリンピック選手に食べてもらえるかも!? 東京2020を盛り上げよう

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、『東京2020 みんなのフードプロジェクト 日本の「食」を選手村アスリートへとどけよう!あなたのメニュー募集キャンペーン』を開催!選手村カジュアルダイニングで選手が食べるメニューを募集中です。ぜひ応募してみてくださいね!

2019年9月3日 更新

あと1年で、東京2020オリンピックパラリンピック!

©2020

Photo by Tokyo 2020

2020年に控えた、東京2020オリンピックパラリンピック。チケットの当落がわかったり、出場選手が決まったりと、だんだん東京でオリンピックパラリンピックが開催される実感が湧いてきましたね。

せっかく日本で行われるオリンピックやパラリンピック。競技を観て楽しむだけ、なのはもったいなくないですか?

macaroniをご覧のみなさんも東京2020オリンピック・パラリンピックに関われるかもしれない、素敵な企画がスタートしています!

アスリートが、考案メニューを食べてくれる!?

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて始まった夢のような企画『東京2020 みんなのフードプロジェクト 日本の「食」を選手村アスリートへとどけよう!あなたのメニュー募集キャンペーン』が9月6日(金)まで開催中。選手村の中にあるカジュアルダイニングで提供するメニューを大募集しています。

ふたつのダイニングがある選手村。試合前のコンディションを整えるメインダイニングと、リラックスして食事を楽しめるカジュアルダイニングがあります。

東京2020のカジュアルダイニングは、“日本の食文化を発信する場”がコンセプト。東京都産の食材や各地の特産物などを使い、栄養や食習慣に配慮したメニューにして提供します。
キャンペーンに応募するメニューは、伝統的な和食にとらわれなくてもOK!

「我が家の味や思い出の味を食べてほしい」「世界のアスリートに広めたい」。そんな、メニューに対する“あなた自身の体験や想い”を込めて、日本の食卓の味を体感できるメニューを応募しましょう♪

応募期間は、2019年9月6日18時まで。WEBで気軽に応募できます。

macaroniの料理家も考案!

macaroniで日々レシピ動画を作っている4名の料理家も、今回のキャンペーンに応募!
ひとりずつ、主食・主菜・副菜・デザートを考えました。

主食:おにぎりで手軽にエネルギーチャージ

わっぱに入った薬味おにぎり

Photo by macaroni

macaroni料理家/ らみー @ramie_yummy 考案
元気回復!薬味おにぎり
料理家のらみーが考案したのは、薬味がたっぷりのおにぎり。さわやかに薬味が香るので、夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうです。しそを巻いて彩りも華やかに♪

メニューに向けた想い

運動会の定番メニューが、薬味おにぎり。小学生の頃は見た目が地味で、友だちが食べているツナマヨや、たらこおにぎりをうらやましいと思っていました。でも、今思えば栄養面を考え、疲労回復を願って作ってくれていたのだなぁと母の愛情を感じるひと品です。

日本の素晴らしい薬味の効能を世界のアスリートの方々にも知ってほしくて考案しました!このおにぎりを食べて、元気になっていただければと思います。

主菜:ばっちり疲労回復!パワーチャージ♪ 旨味たっぷりオニオントマトポークソテー

ブルーのお皿に盛り付けられたオニオントマトポークソテー

Photo by macaroni

macaroni料理家/ かりくる @crazynuts03 考案
ばっちり疲労回復!パワーチャージ♪ 旨味たっぷりオニオントマトポークソテー
主菜を考えたのは、料理家のかりくる。学生時代はアスリートだった自身の経験を生かし、スタミナがついて疲労回復につながるメニューを考案しました。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう