43. じんわりブリ大根

脂の甘さととろける食感のブリと煮汁を吸った大根を一度に食べられるブリ大根は、ブリが旬の冬にこそおすすめのひと品。ブリの下処理をきちんとすれば、誰でも絶品ブリ大根が作れます。切り身を使ってもいいですが、アラで作ると骨から出汁がでておいしさがグンとアップ! 寒い冬には生姜を入れて、からだの芯からあたたまりましょう。

44. タラの中華風たっぷり野菜あんかけ

タラにたっぷりの野菜入りの餡をかけたレシピです。とろりとした中華餡がふっくらとしたタラと相性ばつぐん!お野菜も一緒にもりもり食べられのもうれしいですね。水溶き片栗粉を使わなくても、タラに片栗粉をまぶして焼くのでしっかりととろみがつきます。淡白なお魚なので、しっかりめに味をつけるといいですよ。

45. 旨味じゅわっと。ブリとレンコンのネギポンがけ

Photo by macaroni

調理時間:20分
【材料(2~3人分)】
・ぶり……3切れ
・れんこん……200g
・片栗粉……適量
・ねぎポン……だれ
a. 長ねぎ……1/2本
a. しょうが(みじん)……1片分
a. 砂糖……大さじ1/2杯
a. ポン酢……大さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ1杯
・サラダ……油適量

出典: macaro-ni.jp

ブリとレンコンに片栗粉をまぶしてカラっと揚げ、ネギたっぷりのタレをかけたひと品です。香ばしい衣の中にはブリの旨味がギュッと詰まっていて、酸味の効いたネギポンダレが後引くおいしさ。衣がタレを吸い込むので、噛むとおいしさがジュワっと広がります。サクサクのレンコンの食感も食べていて楽しいですよ。

46. 基本のブリ照り

いろんなアレンジレシピもいいですが、基本のブリの照り焼きも覚えておくのがおすすめです。甘辛なタレが染み込んだ、脂ののったブリはご飯のおかずにピッタリ。しっかりブリに焼き目を付けると香ばしさも足されて、おいしさ満点に仕上がります。しっかり煮詰めて照りをつけるのが、おいしく作る最大のポイント! いつもの定番おかずのレパートリーにぜひ加えてみてください。

47. 香ばしふっくら♪ タラのゴマ味噌ホイル焼き

Photo by macaroni

調理時間:20分
【材料(2人分)】
・たら……2切れ
・塩……少々
・こしょう……少々
・しめじ……1/2パック
・玉ねぎ……1/4個
・キャベツ……2枚
・かぼちゃ……50g
・酒……小さじ2杯
a. 砂糖……小さじ1杯
a. 合わせみそ……大さじ1と1/2杯
a. マヨネーズ……大さじ1と1/2杯
a. 白すりごま……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

ゴマを混ぜた味噌を使い、タラのホイル焼きを和風にアレンジ。アルミホイルを開くとゴマと味噌の香りがふわっと広がり、食欲そそるひと品です。蒸し焼きにしたタラの身はふわふわ、シャキッと歯ごたえの残る野菜との相性もバッチリです。せっかくなら、冬が旬の野菜を使って作ってみるのもいいですね♪

48. ワカサギのフライ

冬の風物詩、ワカサギ釣り。釣ったワカサギはシンプルにフライにするのが1番です。サクサクの衣とふわふわの食感は冬だけしか食べられない逸品。塩をちょっとかけるだけでじゅうぶんおいしく食べられちゃいます。小さいお魚なので骨も気にならず、まるごと食べられるのもお手軽でいいですよね。頭から尻尾まで、ワカサギのおいしさをまるっと堪能してください♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ