お家でもしっかり本格。基礎から学ぶ「おでん」レシピ

寒い時期の定番に感じがちなおでんですが、じっくり味を含ませることで冷めてもおいしい年中味わいたいひと品になりますよ。シンプルな定番おでんを覚えておくと、旬の野菜や子供にも人気のウインナー入りにアレンジもおすすめ♪ 時間がないときにもおすすめの簡単おでんも合わせてご紹介します。

2019年8月22日 更新

3. 本だしで時短!基本のおでん

澄んだうすくち醤油仕立てのおでん同様、醤油色のおでんの色合いも筆者は大好きです♪ 本だしを使用することでだしの準備も不要。鶏肉・じゃがいも・ウインナー入りで、小さな子供も食べ盛りさんにも人気者になりそうな予感。

4. 電子レンジで簡単おでん

お弁当にもおすすめのレンジで10分でできるおでん!お弁当箱に詰めても保温ジャーに詰めても満足できそう。あとひと品足りないときにも麺つゆがあれば、あっという間に作ることができる主婦の味方的なレシピです。

5. 圧力鍋でほくほくやわらか♪あっという間に大根塩おでん風

圧力鍋に材料と調味料を入れたらあっという間にできる塩おでん風。下ごしらえ不要なので洗い物はお鍋だけ。料理のあとの後片付けの手間暇が省けるのも時短のひとつで、ゆっくり食事を楽しんだあとは、食後ものんびりできそうですよ♪

手作りおでんが、身近になりそうな予感♪

できあがりを楽しみにじっくり煮込む料理は、味わい深くて鍋の様子をのぞいたりするのも大好きな筆者。とはいえ、時間があるときって限られていますよね。

時間がなくてもできるおでんがあると、和食に舌鼓をうつ時間が増えそうな予感。ご紹介したレシピそれぞれが味わい深い要素盛りだくさん。

お好みでトマトやさつまいもを足してニュアンスを変えてみるのもおすすめですよ。面倒に感じがちなおでんを、もっと身近に感じてみてはいかがでしょうか♪
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mari.everydayolive

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう