日本初・世界初!ホワイトチョコレートのBean to Barブランド「ショコラティエ パレドオール ブラン」開店

カカオ豆からボンボンショコラまで、本格的なチョコレート作りを手掛けるショコラティエ 三枝俊介氏が、世界初といえるホワイトチョコレートのBean to Barブランド「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」を2019年10月初旬(予定)に東京・青山にオープンします。

2019年7月29日 更新

「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」OPEN

世界初といえるホワイトチョコレートのBean to Barブランド「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」がオープン。カカオ豆からチョコレートまでを一貫して手掛けるBean to Barメーカーの中でも、自社でココアバターを搾ってホワイトチョコレートを作ることはほとんどありません。
大手メーカーでさえ、ココアバターを購入してホワイトチョコレートを作ることが大半であるなか、「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」は自家製のココアバターから生み出すホワイトチョコレートの新しい世界を表現したい、というシェフ・三枝俊介氏の強い想いから生まれた新しいブランドです。

製造工程が見れる内装

自家製のココアバターを使ったホワイトチョコレートと、その時にできる自家製のココアパウダーから生み出す生菓子・焼き菓子、ドリンク、ソフトクリーム等、幅広い商品を手掛けるショップは、なんと世界初。
アルチザン パレドオール 青山店を全面改装してできる「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」の工房は全面ガラス張り。カカオ豆からチョコレートまでの製造工程やココアバターを搾る様子も、見て楽しめるショップを予定しています。

ここでしか味わえないホワイトチョコレートのスイーツ

またショップでは、“港区南青山産のホワイトチョコレート”をはじめ、それをベースとしたスイーツやソフトクリーム、自家製ココアパウダーを使ったドリンクなど、ほかでは味わえない商品もラインアップ。
ホワイトチョコレートの新たな可能性を感じる商品がたくさん並びます。オープンは2019年10月初旬の予定です。注目のBean to Barブランド「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」を、ぜひチェックしてみてくださいね。

店舗概要

「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」
2019年10月初旬オープン予定
住所:〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 青山ツイン東館B1F
改装中のお問合せ先:06-6337-1768
(ラトリエ パレドオール:ボンボンショコラ工房&office)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう