シルクロード風うどん「ラグマン」の作り方&アレンジ3選

「ラグマン」という料理をご存知でしょうか?うどんに似た麺に、野菜とお肉を煮込んだスープをかけて作られ、シルクロードで栄えた中央アジアで食べられている料理です。今回は、身近な食材で作るラグマンレシピと、おすすめラグマンレシピ3選をご紹介します。中央アジア気分を満喫しましょう!

2020年1月31日 更新

ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

中央アジアの麺料理「ラグマン」の作り方

Photo by macaroni

ラグマン(ラグメン)とは、中央アジア一帯で食べられている麺料理です。手で延ばしたうどんに似た麺に、肉と野菜を煮込んだスープをかけて食べます。地域によって、具材や味付けは異なりますが、ラム肉とトマトを使用するのが一般的なのだそう。 今回は、トマト缶と市販のうどんを使い、辛くないラグマンを作っていきます。味付けは、本場にならって塩のみですが、驚くほど濃厚な旨味が堪能できますよ!

材料(3~4人分)

・うどん……2玉 ・ラム肉(薄切り)……200g ・ピーマン……1個 ・パプリカ……1個 ・じゃがいも……1個 ・にんじん……1/2本 ・玉ねぎ……1/2個 ・にんにく……2片 ・トマト缶……1缶(400cc) ・水……600cc ・塩……小さじ1と1/2杯~ ・クミンシード(あれば)……小さじ1杯 ・オリーブオイル……大さじ1杯 ※ラグマンは野菜やお肉がたっぷり入っているので、うどんは通常よりも少なめにゆでるのがポイントです。

下準備

1. ラム肉を食べやすい長さに切る

ラム肉の薄切りを、食べやすい長さに切っておきます。

2. 玉ねぎは2cmの角切りに、にんにくはみじん切りに、そのほかの野菜は乱切りにする

玉ねぎを2cmの角切りにし、にんにくは細かいみじん切りにしましょう。ピーマン、パプリカ、じゃがいもはひと口サイズの乱切りに、にんじんは小さい乱切りにします。

作り方

3. オリーブオイルでにんにくとクミンシードを炒める

鍋にオリーブオイルとみじん切りのにんにく、クミンシードを入れて弱火にかけます。にんにくとクミンの香りがしっかりしてくるまで、あまり触らずじっくり炒めます。

4. 玉ねぎを加えて透き通るまでしっかり炒める

にんにくとクミンの香りが濃くなったら、玉ねぎを加えて中火にします。玉ねぎが透き通るまで炒めましょう。

特集

FEATURE CONTENTS