この夏リピ確実。「またそうめん?」と言わせるヒマもないレシピ集

夏に登場回数がもっとも多い料理といえば、そうめんですよね。ゆでるだけでおいしいそうめんも、アレンジを加えればもっともっとおいしくなります!ストック食材や電子レンジをうまく活用した、お手軽レシピを集めてみました。

2019年7月31日 更新

夏はやっぱりそうめんでしょ♪

夏の定番メニューといえば、やっぱりそうめんは外せません。ゆでて冷やすだけで手軽に食べられるそうめんは、忙しいママも大喜びのお助けメニュー!

とはいえ、いつも同じ味では飽きてしまうのも、そうめんあるあるですよね。「もうそうめんなんて見たくない!」の声が聞こえる前に、とっておきのそうめんレシピをご紹介します。

どれも簡単で、栄養バランスの取れたレシピばかりを選びました。

1.「冷やし坦々そうめん」

冷やし坦々そうめん

Photo by macaroni

夏に恋しくなる冷たいそうめんと辛うま料理をひとつにした、おいしいところ取りの「冷やし坦々そうめん」のレシピです。

豆乳を使えば、コクのあるスープがラクラク完成!肉味噌も、レンジで完結するので暑い夏でも無理なく調理できますね。

肉味噌をレンジにかけるときは、ボウルのフチに張り付けるように広げると、均一に火が通りますよ。全体をよく絡めて召し上がれ♪

2.「韓国冷麺風そうめん」

韓国冷麺風そうめん

Photo by macaroni

韓国料理の鉄板メニュー、夏にうれしいひんやり冷麺をそうめんでアレンジしました。韓国風のヒミツは、スープに加えるにんにくとコチュジャン。これだけで、あら不思議、お店で食べるような冷麺風の味に変身しますよ。

大人はキムチを追加して、辛い物が苦手な人や子ども用にはコチュジャンの量を調整してみてくださいね。ハムやきゅうりをのせて具だくさんにすれば、栄養バランスも完璧です!

3.「3種のそうめんつけダレ」

3種のそうめんつけダレ

Photo by macaroni

つけだれをアレンジできるのも、そうめんのいいところですよね。さっぱり系がお好きなら、レモン香る豚しゃぶだれをどうぞ。レモンだけだとさっぱりしすぎですが、豚肉を加えることで旨みもしっかりと。

激辛好きには、コチュジャンと花椒を使ったシビレつけだれがおすすめ。お好みでパクチーを加えれば、アジア風のクセになる味わいが楽しめますよ。

カレーを使ったつけだれは、子どもからの支持も高い人気者。ズッキーニやオクラを加えて、野菜もしっかりと摂れる優秀なつけだれです。

4.「すりおろしトマトとツナの柚子胡椒そうめん」

すりおろしトマトとツナの柚子胡椒そうめん

Photo by macaroni

「野菜が足りないな……」と感じたら、夏野菜の代表格・トマトを使った変わりつけだれはいかがでしょう?トマトは、角切りとすりおろしのダブル使いで贅沢に♪ ツナを混ぜれば、子どもも喜ぶつけだれの完成です。

トマトにはうまみ成分のグルタミン酸が含まれているので、めんつゆと合わせることで、おいしさの相乗効果が生まれます。トマトの大量消費にもぴったりのレシピですよ。

5.「サバ缶の油そば風そうめん」

サバ缶の油そば風そうめん

Photo by macaroni

ストックのサバ缶を使った、油そば風のそうめんレシピです。ゆでたそうめんに醤油とごま油、お好みで薬味を添えるだけなので、いつものそうめんと同じくらいの時間で完成しちゃいます。もちろん、おいしさも栄養バランスもいつも以上!

買い置きのサバ缶を使えば、暑い中お買い物に行く必要もありません。和洋中、どんなジャンルとも相性のいいサバ缶って、本当に優秀ですね♪
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう