次の買い物リストに!カルディで買うべき、6つの夏おやつ

夏の暑さや湿度はからだにこたえますが、さっぱりとした夏らしいおやつがおいしい季節でもあります。カルディでも、この時期しか食べられない、限定おやつが続々登場中。バリエーション豊かな「夏のおやつ」を見ていきましょう♪

2019年7月24日 更新

1. コスパも味も完璧!「しっとりチーズケーキ レモン」

チーズケーキレモン

Photo by muccinpurin

「しっとりチーズケーキ レモン」329円(税込)

カルディ夏の定番商品「しっとりチーズケーキ レモン」が今年もかえってきました。レモンがプリントされた、夏らしくさわやかなパッケージは、売り場でも目を引く存在。

直径15cmほどの大きさで税込329円とかなりコスパがよく、ちょっとしたおやつや差し入れにもぴったりです。
カットしたチーズケーキレモン

Photo by muccinpurin

生地そのものはふんわりと軽く、口に入れるとすっとなくなってしまう儚い食感が特徴。とはいえ、空気が多い生地にありがちなパサつきは一切なく、しっとりした心地いい食べ心地です。

冷やして食べるとよりしっとり感が増すので、常温と食べ比べてみてもおもしろいかも。ホールのまま何枚かにスライスして、ホイップクリームでデコレーションしてアレンジも楽しめますよ。

2. ポテチの枠を越えた!「レモンポテトチップス」

ポテトチップスのパッケージ

Photo by muccinpurin

「塩レモンポテトチップス」192円(税込)

おやつの定番・ポテトチップスも、塩レモン味で夏仕様になって登場。

ただのレモン味と侮るなかれ、パッケージを開けた瞬間、耳の下がキュンとするさわやかさと、強めの酸っぱさが、なぜかあと引くおいしさです。
ポテトチップスを使ったライスプレート

Photo by muccinpurin

単なる「さわやか~」では済まされない、強い酸味を生かして、調味料っぽくアレンジしてみました。バターライスとトマトソース、ツナやウインナーをワンプレートに盛り付けて、レモンチップスをトッピング。

思い切って全部を混ぜてほおばれば、ポテチのパリパリとレモンの酸味が混然一体になり、お菓子なのにしっかりと調味料の役割を果たしてくれます。レタスや水菜などの野菜をそえれば栄養バランスも完璧!夏休みのお昼にもぴったりですよ。

3. お湯に溶かすだけの台湾スイーツ

2種のゼリーの素

Photo by akiyon

左「オーギョーチゼリーの素(愛玉凍粉)」259円(税込)
右「仙草ゼリーの素(仙草凍粉)」259円(税込)

蒸し暑い夏は、清涼感たっぷりの冷たいゼリーが欲しくなりますよね。台湾や中国に古くから伝わる漢方を使った「オーギョーチゼリーの素(愛玉凍粉)」「仙草ゼリーの素(仙草凍粉)」は、いずれも日本のゼリーとはひと味違ったさわやかさが魅力です。

いずれも粉末状の粉をお湯に溶いて、冷やし固めるだけ。暑い夏でも気軽に調理できそうですね。
2種のゼリー

Photo by akiyon

愛玉子(アイギョクシ)という果物から作られたオーギョーチゼリーは、さっぱりとしたレモンライムのさわやかな味わいが特徴。甘みもほどよく、すっきりとした味わいで、のどを通るたびに清涼感が増していきます。レモンシロップを注げば、より一層さわやかさとのど越しがアップするので、お好みでどうぞ♪

仙草ゼリーは、香りこそそこまで強くないものの、食べてみるとほんのりとカラメルの風味を感じます。コクと苦みがあるところは、どことなくコーヒーゼリーにも似ているので、甘いものが苦手な方も食べやすいゼリーに仕上がっています。

4. 常温保存でコスパ抜群!「マンゴーピューレ」

マンゴーピューレのパッケージ

Photo by muccinpurin

「フィリピンブランド マンゴーピューレ」248円(税込)

夏フルーツの主役といえばマンゴーですが、まだまだ輸入の品ぞろえも少なく、ましてや国産のものは高くて手が出ませんよね。お菓子に加工したいなら、マンゴーピューレを使うのが大正解!

カルディの「フィリピンブランドマンゴーピューレ」は常温保存できるので、ただでこそ混雑している冷蔵庫や冷凍庫のスペースを占領することもありません。もちろん、特殊な遮光のパッケージに入っているので、色も香りも採れたてのマンゴーそのものですよ。
マンゴープリン

Photo by muccinpurin

マンゴーといえば一番に思い浮かぶのがマンゴープリンですよね。濃厚なマンゴーピューレを使えば、コクがあるお店のようなマンゴープリンも思いのままに作れます。甘みだけでなく、適度な酸味もあるので、食べていて飽きることもありませんよ。

500g入りなので、使い切れなければ製氷機に流して冷凍しておきましょう。固まったらジッパー付きの袋に入れてなるべく空気に触れないように保存し、マンゴースムージーやマンゴーアイスに加工して楽しんでくださいね。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう