漬けるだけでラクうま!「とうもろこしの一本漬け」vol.17

漬け込みレシピといえば王道の煮卵、近ごろでは野菜や肉・魚などいろいろな食材を漬けるものが多く発信されています。この企画では、身近な食材を少ない調味料で漬け込む簡単レシピをシリーズでご紹介!第17弾は「とうもろこしの一本漬け」をご紹介します。

2019年7月24日 更新

半信半疑でも、試してみたらハマる味!

とうもろこしの一本漬け

Photo by muccinpurin

プチプチはじける食感と、自然な甘さが魅力のとうもろこし。夏はお手頃価格で手に入ることもあり、ゆでたりごはんに炊き込んだりと、登場回数も増えてきますよね。とくに生のとうもろこしはこの時期しか出回らないこともあり、いろいろなレシピで楽しみたいところ。

今回ご紹介するのは「とうもろこしの一本漬け」。とうもろこしとは一番遠いところにあるイメージの漬物ですが、これ、案外ハマる味です。

作り方

材料

Photo by muccinpurin

材料(1本分)

・とうもろこし……1本
☆水……200cc
☆昆布茶……小さじ2杯
☆しょうゆ……小さじ1杯
☆塩……小さじ1/2杯

下準備

鍋にたっぷりの湯を沸かし、2%の塩(分量外)を入れて溶かします。皮をむいたとうもろこしを入れて10分ゆで、ゆであがったら素早くラップに包みます。

熱いままラップに包むことで、粒にしわが寄るのを防ぐことができます。

作り方

1. 浅漬けの素を作る

浅漬けの素

Photo by muccinpurin

☆の材料を合わせて鍋に入れ、沸騰直前で火を止めます。

2. 12時間ほど漬けます

袋に入ったとうもろこし

Photo by muccinpurin

香ばしさを出すため、ゆでた後に網の上にのせて焼き、少し焦げ目を付けました。

ジッパー付きの袋にとうもろこしを入れ、浅漬けの素を注ぎます。浅漬けの素が熱いうちに漬けると、より味がしみ込みやすくなります。
袋に入ったとうもろこし

Photo by muccinpurin

粗熱が取れたら空気をしっかりと抜いて口を閉じ、冷蔵庫で12時間ほど漬けます。

とうもろこしは粒に薄皮があるので味がしみ込みにくく、最低でも10時間以上漬けたほうがおいしくなります。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう