“パン好きの聖地” が初上陸!「Zopf カレーパン専門店」が東京駅にオープン

2019年7月10日(水)、千葉県松戸市の人気ベーカリー「Zopf(ツオップ)」が、カレーパン専門店として東京駅にオープン!パン好きの聖地ともいわれるZopfのなかでも、一番人気のカレーパンだけを販売します。今回はオープンに先がけて、カレーパンの味を確かめてきました!

2019年7月10日 更新

ザクッ、もちっ、そしてスパイシー!

zopfのカレーパンをちぎった断面

Photo by macaroni

ひと口食べると、粗めのパン粉がザクッと音を立てます。生地のもちもちとした食感と相性バツグン。中のキーマカレーは数種類のスパイスを配合しているということで、とってもスパイシーですね。ぎっしりと詰まっているのもうれしい。

思っていたよりもボリュームたっぷりで、ひとつでお腹がいっぱいになりました。味も口当たりもクセになるおいしさで、1日700個売れるというのも頷けます。

持ち帰り用!冷めてもおいしく食べる方法

zopfのカレーパンをオーブンにいれる手元

Photo by macaroni

もちろん揚げたてが一番おいしいので、その場で食べることをおすすめしますが、冷めても、おいしくいただけます。

レンジでラップをかけずに500Wで約20秒加熱、もしくはトースターで1000Wで約1分半加熱。この調理法で持ち帰ってからも、焼きたてのカレーパンが復活!絶対に温めなおしてから、食べるのがおすすめです。

人気店「Zopf」を作り上げた、伊原靖友シェフ

zopfのシェフ

Photo by macaroni

今回、Zopfの伊原靖友シェフにもお会いできましたよ。伊原シェフは町のパン屋の息子として育ち、父親の元で製パン技術を学びました。

代変わりを機会に店名を「Zopf」に変更し、パン好きの聖地とまでよばれる大人気のベーカリーへと成長。現在は、カフェ経営やパン職人の養成にも力を入れているそうです。

シェフご自身もカレーパンに対しては、強いこだわりを持っているようで……。レシピは一切変えないまま、製造ラインを変えることで本店の味の完全再現しているそうですよ。

手土産にもぴったりなカレーパン

zopfのカレーパン

画像提供:株式会社鉄道会館

Zopfのカレーパンは、食感もカレーの本格的なスパイシーさもほかでは食べられない味わいでした。

東京駅に立ち寄った際はもちろん、カレーパンだけを買う目的で東京駅に行く価値があるほどのひと品ですよ。ぜひ最初は焼き立てを食べて感動体験を…♪
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう