“パン好きの聖地” が初上陸!「Zopf カレーパン専門店」が東京駅にオープン

2019年7月10日(水)、千葉県松戸市の人気ベーカリー「Zopf(ツオップ)」が、カレーパン専門店として東京駅にオープン!パン好きの聖地ともいわれるZopfのなかでも、一番人気のカレーパンだけを販売します。今回はオープンに先がけて、カレーパンの味を確かめてきました!

2019年7月10日 更新

1日に700個売れる「カレーパン」が東京駅に上陸!

zopfのカレーパンと外観

Photo by macaroni

“パン好きの聖地” といわれる千葉県松戸市のベーカリー「Zopf(ツオップ)」。そんな大人気店が2019年7月10日(水)、東京駅に「Zopfカレーパン専門店」をオープンしました。

同店では、Zopfの商品なかでも、1日700個売れるという一番人気の「カレーパン」をだけを販売。オープンに先がけて気になる味を確かめてきました。

今回のレポーター

macaroni編集部 ライター るな
母の餃子と父のカレーをこよなく愛する、編集部の中で最年少の女子大生ライター。白米が大好きだが、甘いものにも目がなく、食べものに埋もれる生活をしていたい。

さっそく東京駅へ…

zopfの外観

画像提供:株式会社鉄道会館

東京駅構内地下1階の改札内「GRANSTA(グランスタ)」に、「Zopfカレーパン専門店」を発見。お店はこぢんまりとしており、イートインスペースはありません。
zopfのカレーパン

Photo by macaroni

ここで販売されているものはたったひとつ、「ツオップオリジナルカレーパン」324円(税込)だけ。レジカウンター下にずらりと並ぶ、揚げたのカレーパンが食欲をそそります……。

1個でお腹いっぱい!圧倒されるボリューム感

zopfのカレーパンと包み紙

Photo by macaroni

カレーパンは、Zopfと赤でロゴが描かれたかわいらしい紙に包まれて提供されます。すぐに食べない場合は、箱や袋にいれてもらえるので、手土産にもぴったりです。

アツアツで香ばしい香りが漂い、匂いだけで「絶対おいしい」と思ってしまうほど。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう