どのチーズピザがお好み? 定番チーズ5種の特徴&ピザレシピ集♪

ピザはとろけるチーズがないとはじまらない♪ のびるチーズをほおばり、口の中で広がるコクと風味を堪能するのはピザを楽しむ醍醐味といえるでしょう。そんなチーズにはたくさん種類がありますが、みなさんはどのチーズを使ったピザが好きですか? チーズごとの特徴をレシピと合わせてご紹介します。

2019年7月29日 更新

ピザにのせるチーズ

モッツアレラチーズ

おまんじゅうやお餅のような、まるくてコロンとした見た目をしており、どこか愛らしくもあるモッツアレラチーズ。マルガリータを作るときに欠かせないチーズですよね。

フレッシュなものはキュッとした歯ごたえが感じられ、ミルクの甘みとほのかな酸味が感じられるのが特徴。けれども加熱するとトロリとし、繊維状によくのびるように変化します。

ゴーダチーズ

ゴーダチーズはオランダの代表的なチーズです。熟成度合いによって味わいと香りが変化していきますが、クセのないマイルドさが食べやすいと日本人にも広く親しまれています。

熟成が浅いものは軽い味わいとまろやかな香りを、熟成が進んだものは濃厚な旨味とコク、芳醇な香りを楽しめます。どちらの状態のゴーダチーズを使うかは好み次第! チーズならではの香りを楽しみたいときにおすすめの種類です。

チェダーチーズ

チェダーチーズはゴーダチーズと同じく、熟成度合いによって味と香りが変化していくことが特徴のチーズです。熟成が進むにつれてうす黄色からオレンジ色にかわっていき、どんどん濃厚でコクのある味わいと芳醇な風味に。

さわやかな酸味もあるのでクドさがなく、シャープな味と心地よい余韻を楽しめます。チェダーチーズはボロっと砕けるような食感をしているので、ピザに使うときはすりおろしたものを振りかけたり、小さく刻んだものをのせるのが一般的です。

カマンベールチーズ

表面は白カビにおおわれ、中はとろっとした食感。クリーミーな味わいと香りが控えめなことから、とても食べやすいとして人気のチーズです。熟成が進むとやや濃厚な風味に変化しますが、それでも食べやすいのが大きな特徴。

ピザに使うなら、適当な大きさにカットしてのせるのがおすすめです。加熱すると中はさらにトロトロになるので、そのまま食べ物をディップしたり、なんて食べ方もできちゃいますよ♪
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう