秋の味覚を食べつくす♪ 海の幸から山の幸まで絶品レシピ5選

きのこにサンマ、鮭に各種果物など、秋に旬を迎える食材はたくさんあります。どれもがおいしくて、ワンシーズンでは食べつくせないくらい。秋はあっという間に過ぎてしまいます。だからこそ、少しでもたっぷり秋の味覚を楽しんでほしいということで、秋の味覚をレシピ付きでご紹介します。

2019年7月29日 更新

秋の味覚

秋はいろいろな食物がおいしい時期なのはみなさんも知るところ。山に海にと旬を迎える食材はたくさんあり、魚や野菜、果物まで盛りだくさんです。

海の食材は脂ののったサンマや鮭が代表的。一方で山の食材はさつまいもやきのこなどの野菜から、柿や梨などの果物などなど。どれも暑い夏を越えておいしさが蓄えられ、口にすると濃厚な旨味に舌鼓間違いなしです。秋の味覚は数えられないくらいたっぷりあるのが魅力的ですね♪

秋が旬の魚

サンマ

これがスーパーに並ぶと秋がきたなぁと思う食べ物、それがサンマ。旬のサンマはとにかく脂がのって、ひと口食べるとそれはもう至福の味わい。ふわっとした身、パリっと香ばしく焼けた皮、したたる脂、ほろ苦い内臓、すべてがパーフェクト!

サンマは焼くだけでなく、煮つけにしたり炊き込みご飯にするのもおすすめです。どの食べ方でもぷっくら太ったサンマのおいしさをたっぷり堪能できますよ。

カツオ

カツオの旬を春だと思っている人もいるようですが、これは「初ガツオ」とよばれるさっぱりしたもの。秋が旬のいわゆる「戻りガツオ」は脂がのって、まるでマグロのようなとろける味わいと食感を楽しめます。

このとろけるおいしさは秋カツオならではなので、ぜひお刺身でいただいてみてください。

秋鮭

通年食べられる鮭ですが、鮭の旬も秋! 産卵シーズン、9月から11月に川に戻ってきた鮭を「秋鮭」と呼び、サンマやカツオと同じく脂がのりにのった状態で絶品です。

そのまま刺身として食べるととろける食感が、焼くと脂がしたたるジューシーで濃厚な旨味が楽しめどちらもおすすめ。メスの秋鮭はお腹にたっぷりの卵を抱えていて、筋子やイクラも旬の時期となるので合わせて食べてくださいね♪
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう