レパートリーを増やそう!とうがんのおすすめレシピ20選

「とうがん」は夏野菜の一種。トマトやナス、きゅうりとは違って、メジャーなお野菜とは言えませんが、みずみずしい食感は夏にぴったり!とうがんのアレンジレシピを知っておくと、夏のお料理のレパートリーの幅もぐっと広がるはず。今回は、そんなとうがんを使ったおすすめのレシピをご紹介します♪

2019年7月10日 更新

とうがんとは?

ちょっと太めのきゅうりや、細長いスイカやメロンのような形をしている「とうがん」。ウリ科の夏野菜で、みずみずしくひんやりとした食感がおいしいお野菜です。夏野菜なのに冬の瓜と書くのはちょっと面白いですよね。これは、調理前の玉のままなら「冬までもつ瓜」ということからついた名前だそう。

煮物や漬物、汁物などさまざまな種類のお料理に使われます。中国や台湾ではお料理の具材としてだけではなく、お茶としても親しまれています。

【和える】とうがんレシピ7選

1. 夏にぴったりピリ辛味「冬瓜のソムタム風サラダ」

タイのスパイシーなサラダ「ソムタム」をとうがんを使ってアレンジ♪ とうがんは生のまま使うので下準備は簡単。さやいんげん、にんじん、ピーナッツなども使い、食感が楽しいサラダです。お食事のメインにも、お口直しにもおすすめのさっぱり味ですよ。

2. ごはんのお供に「冬瓜の鶏ゴマ和え」

ゴマと甘酢でこっくりとした味わいの和え物「冬瓜の鶏ゴマ和え」。あっさりとした味わいと食感のとうがんとひき肉、えのきをレンジでチン♪ あとは調味料を和えるだけの簡単メニューです。箸休めとしてはもちろん、ごはんおかずとしてもおいしいですよ。

3. しゃきしゃきみずみずしい!「とうがんとおかかのマヨサラダ」

生のとうがんのシャキシャキとした味わいが楽しめる「とうがんとおかかのマヨサラダ」。とうがんのみずみずしい食感と、マヨネーズのすっきりとした味わいは相性抜群!さっと作ることができるので、あともうひと品というときにもおすすめのサラダです。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう