連載

【料理上手の器えらび vol.14】chikaさんの物語

「器」使いが素敵なインスタグラマー100人でつなぐリレー連載。お気に入りの器を選ぶ目、器とお料理のコーディネートが卓越している「料理上手」さんたち。今回は、自身で陶芸までもこなすchikaさんが登場します。

2019年7月3日 更新

今日の料理上手さん

@chicafe.0819さんのアイコン

@chicafe.0819さん

和食から洋食まで幅広いジャンルの料理を、器で演出するフードインスタグラマー・chikaさん。画面越しからも器への愛情が感じられ、自身で陶芸もするほど器にこだわっている。

だから、やっぱり器が好き

太いパスタがメインの献立写真

Photo by @chicafe.0819

ーー器を好きな理由や、器を使うことで起きる心の変化について教えてください。
「私が器に興味を持ったのは、学生のときに旅先で出会った“縄文展”が始まりでした。縄文土器の美しさに心を奪われ、一瞬でその時代にタイムスリップしたかのような感覚に襲われました。

『器を自分で作ってみたい!』という想いが高まり、就職後陶芸教室に通い始めました。そして数年前にInstagramを始めて、色々な作家さんの器を拝見するようになりました。お料理上手な方々の盛り付けを見て一気に視野が広がり、今まで固定概念で決めつけていた器の使い方がガラッと変わりました。あの時の衝撃は今でも忘れられません」
和食の献立写真

Photo by @chicafe.0819

「お気に入りの器を使うと、お料理や器一つひとつを丁寧に扱おうと思います。『できあがったお料理をどの器に盛り付けよう?』と食器棚を開けて選ぶのが至福のひと時です。

たまに、食器棚をオープンにしてニヤニヤ眺めながら珈琲を飲んだり、怪しい人になっている時もあります(笑)。小学生の娘からも『今日はこれが合いそうだね!』と言われると、食育の一環として『器合わせまで興味を持ってくれてるんだなぁ♪』とほっこりと温かい気持ちになります」

「器えらび」のこだわり、あれこれ

目玉焼きとトーストがのったワンプレート

Photo by @chicafe.0819

ーー「器えらび」のポイントを教えてください。
「みなさんが仰っているように、まずは自分の好みを把握する事でしょうか。私は直感タイプなので、手に取った時に『この器にあのお料理を盛り付けてみたい』と想像できるものは、長く使えると思って買います。

逆に『これ、素敵だけど何を盛り付けよう?』と悩んでしまう場合は、自分の経験上出番が少なくなるので諦めます。それと、収納を重視します。家の収納にも限りがあるので特に最近は厳選して選ぶよう心掛けています」

わたしのお料理は、あなたに夢中

ーーお気に入りの器ブランド・器作家さんを教えてください。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

マカロニメイトニュース

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう