ハタハタとの違いは?南国の高級魚「スジアラ」の味や特徴

スジアラは鮮やかな赤色の身体をもつ南国の魚。「アカジンミーバイ」とも呼ばれるスジアラは、ハマダイ、シロクラベラとならぶ沖縄の3大高級魚のひとつです。今回はスジアラの生態や産地、気になる味わいについてご紹介。似ている魚・ハタハタとの見分け方もチェックしますよ!

2019年7月23日 更新

沖縄の三大高級魚「スジアラ」ってどんな魚?

発泡スチロールのなか、氷の上で並ぶスジアラやそのほかの魚たち

Photo by Snapmart

スジアラは真っ赤な身体をもつ南国の海水魚。沖縄付近の海域に数多く生息し、美しい容姿のみならず、非常に奥深い味わいをもつ魚なんです。沖縄では「アカジンミーバイ」という名前で親しまれ、3大高級魚のひとつに数えられています。

南洋に多く生息するハタやクエによく似た姿で、身体は細長く鮮やかな赤色をしています。標準的な体長は57cmほどで、大きくなると70cmほどになるものも。分類上は「ハタ亜科ハタ属」に属する魚です。

主な産地と旬の時期

スジアラは熱帯から亜熱帯に生息し、日本近海では、硫黄島や南沙諸島、琉球列島、長崎県、山口県などに分布しています。おもな産地は沖縄県や鹿児島県。そのほか、山口県や長崎県などでも漁獲されますが、水揚げ量自体は少ないです。

スジアラは通年漁獲されている魚で、年間通して味がよく、味わいのばらつきも少ないようです。旬の時期は秋~初夏とされています。初夏から秋口にかけては産卵期にあたり、この時期に釣りで狙う方も多いようです。

スジアラの味とおすすめの食べ方

新鮮なスジアラを楽しむならお刺身として楽しむのが一番!スジアラの身は白身で、非常におおらかな味わいをもち、しっかり味わうほどうま味が感じられるのが特徴です。皮は厚いですが、熱を通すとぷるっとゼラチン状になり、これまた非常に美味!

刺身だけでなく、うま味を存分に生かした「汁物料理」もおすすめです。スジアラのうま味のみで作る「魚汁」なら、そのおいしさを存分に堪能できるでしょう。ソテーや揚げ物にすると、皮はカリッと身は甘く、うま味もたっぷり味わえる料理に仕上がります。

スジアラは釣り魚としても人気!

生息地と釣りにおすすめの時期

スジアラのおもな生息地は、南西諸島から九州南部、小笠原諸島です。温暖化の影響で、近年では四国の太平洋側や、北九州から山口県の日本海側で釣れることもあります。

スジアラは産卵時期は初夏から秋口までと長いのが特徴。この時期に浅瀬にいるスジアラが狙い目で、磯場や沿岸の沈み根が格好のポイントです。とくに初夏から夏にかけては、沿岸で釣れる条件がそろう時期。海水温が下がる10月以降も狙い目の時期です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう