苦さ軽減!「ゴーヤの天ぷら」作り方&アレンジ5選

「にがうり」とも呼ばれるゴーヤは、夏向きの健康食材ですが、難点はやはりその苦味。でもその苦味を軽減する調理法があります。そのポイントを詳しくご紹介!ゴーヤを使ったおいしい天ぷらや、アレンジレシピも併せてご紹介いたしますよ。あなたもチャレンジしてみてください!

2019年7月9日 更新

ゴーヤの下処理

下処理方法

輪切りにしたゴーヤを、塩と砂糖を溶かした水に10分から20分ほど浸します。塩だけでなく砂糖も加えるのがポイントです。これは味付けのためでなく、より苦味を低減する効果があるためです。塩もみしても苦味は抜けますが、くたっとしてしまいます。

処理ののコツ

苦味抜きの別な方法としては、お湯でさっとゆでるのも効果があります。いずれも下処理後はしっかりと水を切って、キッチンペーパーなどで拭きましょう。水分が残っていると揚げた時に油が激しく跳ねるので要注意です。

ゴーヤの天ぷらレシピ

ゴーヤの天ぷら

Photo by shucyan

ゴーヤの料理は中のわたを取り除くのがセオリーですが、このレシピでは輪切りにして、わたごといただきます。種は爪楊枝を使って取り除きましょう。厚切りなら素材のテイストを、薄切りならクリスピーな歯応えを楽しめます。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう