千駄ヶ谷の小さなお洒落食堂「Pho 321」で美味しいベトナム料理を♪

東京渋谷区・千駄ヶ谷にオープンしたばかりの、本格ベトナム料理を食べることができる小さなお洒落食堂「Pho(フォー)321」では、美味しいフォーやブン等を食べることができます。店内も綺麗で、女子会やデート、ひとりランチにも大人気です。

千駄ヶ谷にオープンしたベトナムフードが食べられるお店「Pho 321」

「Pho 321」は、日本でも知名度の高いベトナムを代表する麺料理「フォー」と「ブン」をメインとするお店です。
「Pho 321 Noodle bar(フォー スリー ツー ワン・ヌードルバー)」
店名の由来は「フォー スリー ツー ワン」と一言でいえば語呂合わせで付けたとか。
食堂と言っても、オリジナルの家具などを取り扱うインテリアショップ「Playmountain」、カフェ「Tas Yard」、コーヒースタンド「BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK」を展開する〈ランドスケーププロダクツ〉が手がけけているんです!
こちらのお店は、料理はもちろん、店員さんの制服はN.HOOLYWOOD 、器はSUEKI CERAMICS、店舗デザインはgrafの服部滋樹に手がけてもらうなど、内装や器、ユニフォームなど、細部にもこだわり抜いたお店です。
こじんまりとした店内には、扉の上部のステンドグラスや、銅製の照明など異国情緒溢れるこだわりがつまっています。
フードディレクションには有元くるみさんが参画。ヘルシーなベトナム麺を気軽に、というテーマのもと、お店を開いたんだとか。

「Pho 321」の看板メニュー「ブン」と「フォー」

「Pho 321」の代表メニューは「ブン」と「フォー」です。テレビ番組「グッド!モーニング」でも紹介されました!
みなさんはどんな料理だか知っていますか?
フォーはご存知の方も多かと思いますが、形は日本のきしめんに似ていて、原料は米粉と水でライスヌードルの一種です。
ブンとは、ベトナム北部出身の微発酵させて茹でた丸麺です。

魚のブン (M/1080円 L/1240円)

ハーブをふんだんに使用した汁なし麺です。ターメリックとヨーグルトやスパイスでマリネートした白身魚のグリルが乗っており、すっきりとした味わい。

鹿児島の銘柄鶏を使用したフォー

オーガニックの野菜をふんだんに使用した「野菜(M/1,080円、L/1,240円)」と、コラーゲンがたっぷり入った「鶏肉(M/980円、L/1,140円)」が食べられます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kanagon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう