お酢を使いこなして料理上手に!伊勢丹でみつけた素敵ビネガー

お酢を使ったさっぱりとした料理が一段とおいしい季節。しかし、いつも米酢や穀物酢など定番のお酢でマンネリ化しがち。ひと口にお酢といっても、素材の違いはもちろん、製法の違いによって味や風味もさまざまです。今回は、伊勢丹で見つけたプレミアムなお酢と、おすすめの活用法をご紹介します。

2019年6月26日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。

【活用法①ドリンクに】トロピカルなマンゴー黒酢はシンプルに味わう<セゾンファクトリー>

200ml:972円(税込)

<セゾンファクトリー>飲む酢 マンゴー黒酢 200ml:972円(税込)

<セゾンファクトリー>で人気の、酢に果実と蜂蜜を加えた「飲む酢」シリーズ。糖度の高いインド産アルフォンソマンゴーのピューレを贅沢に使用した「マンゴー黒酢」は、玄米黒酢のすっきりとした酸味が、マンゴーの濃厚な味わいを引き立てます。

おすすめの使い方

蜂蜜が入っていて飲みやすく、その名のとおりドリンクに最適です。マンゴーのトロピカルな風味をダイレクトに味わいたいなら、水や炭酸で割ってシンプルに。ミルクと合わせたラッシー風のアレンジもおすすめです。とろりとしているのでヨーグルトやアイスのソースにするなど、幅広く活躍します。

【活用法②ドレッシングに】酸味強めの無花果酢はオイルでマイルドに<飯尾醸造>

120ml:648円(税込)

<飯尾醸造>無花果酢 120ml:648円(税込)

明治26年創業、京都府宮津市で無農薬栽培の米にこだわった酢を作り続ける<飯尾酒造>の「無花果酢」。国産いちじくからもろみを作り、いちじく以外は一切加えずに発酵と熟成を重ねて作った日本で唯一の酢です。

おすすめの使い方

サラッとした質感とキレのある酸味、いちじくの繊細な香りはイタリアンやフレンチなど洋風の料理と好相性。強めの酸味が、オイルを合わせることにより丁度よいまろやかな口当たりに。

オリーブオイル、塩、黒こしょうを混ぜ合わせれば、風味豊かなドレッシングになります。合わせるオリーブオイルにはクセのないマイルドなものを選ぶと、いちじくのピュアな香りがより一層際立ちます。

【活用法③魚料理に】白ワイン酢は海鮮マリネやカルパッチョにぴったり<フォルム>

250ml:2,484円(税込)

<フォルム>ワインビネガー(シャルドネ) 250ml:2,484円(税込)

スペイン・ペネデスの歴史あるワイナリー<フォルム>。美しい琥珀色の「ワインビネガー(シャルドネ)」は、飲用としても質の高いワインを樽で3年以上かけてじっくりと熟成することでつくられます。
三ツ星レストランのシェフを虜にするビネガー、ノーベル賞授賞式の晩餐会のメニューにもFORVMのワインビネガーとして使われますが、ご家庭でも魚介のマリネ、オリーブオイルとワインビネガー(シャルドネ)をお好みの量で混ぜるだけで美味しいサラダドレッシングができる優れもの。シャルドネのまろやかな自然の甘みが特徴です。

おすすめの使い方

すっきりとした後味で素材の味を邪魔しないため、魚介類との相性が抜群。オイルと合わせて海老やホタテをマリネしたり、カルパッチョのソースに用いれば、素材の旨みや甘みがぐっと引き出されます。また、和のテイストにも意外とマッチ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう