ロンドン生まれのおしゃれカクテル「トム・コリンズ」の作り方

ジンベースのロングカクテル「トム・コリンズ」。イギリス・ロンドン生まれのカクテルで、ジン、ソーダ、レモンを使った爽やかな味わいが印象的!シンプルなレシピなので、分量ひとつで味わいが変わるのも魅力。今回はロンドン生まれのおしゃれカクテル「トム・コリンズ」について解説します

2019年7月4日 更新

作り方

1. ソーダ以外の材料をシェイカーでシェイク

2. シェイカーの中身を氷を入れたコリンズグラスに注ぐ

3. ソーダで満たして、かき混ぜる

4. 飾り用にレモンやレッドチェリーを飾る

作るときのコツ

グラスをソーダで満たしてからは、あまりかき混ぜないようにするのがポイント。何度も混ぜてしまうと、炭酸が抜けてしまう原因になります。

ベースをかえればいろいろなカクテルに

ウイスキーベースの「ジョンコリンズ」

「トム・コリンズ」の元の名前が「ジョン・コリンズ」だったことはご紹介した通り。のちに、ウイスキーベースで作ったカクテルを「ジョン・コリンズ」と呼ぶようになりました。ほかにも、バーボンベースの「カーネル・コリンズ」や、スコッチウイスキーを使った「サンデイ・コリンズ」があります。

ラムベースの「ペドロ・コリンズ」

ジンをダークラムに替えて作った「ペドロ・コリンズ」は、さっぱり、ごくごくと飲める軽めの口当たりが特徴。「ラム・コリンズ」と呼ばれることもあります。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう