ロンドン生まれのおしゃれカクテル「トム・コリンズ」の作り方

ジンベースのロングカクテル「トム・コリンズ」。イギリス・ロンドン生まれのカクテルで、ジン、ソーダ、レモンを使った爽やかな味わいが印象的!シンプルなレシピなので、分量ひとつで味わいが変わるのも魅力。今回はロンドン生まれのおしゃれカクテル「トム・コリンズ」について解説します

2019年7月4日 更新

トム・コリンズってどんなお酒?

ジンベースのカクテル「トム・コリンズ」は、19世紀のロンドンで誕生。ハノーバー街コンデュイット通りにあった「リマーズ・コーナー」というバーのバーテン、ジョン・コリンズによって生み出されたカクテルです。

当初はジョン・コリンズの名前をそのままつけていましたが、使用していたオランダ・ジンからオールド・トム・ジンに替えて以来、現在の名前になったと言われています。

トムコリンズのカクテル言葉は「親友」とされていますが、その理由は定かではありません。

ジン・フィズとの違い

そんな「トム・コリンズ」には、兄弟カクテルと呼ばれる、ほぼ同じレシピで作るカクテルがあります。それが、アメリカ生まれの「ジン・フィズ」です。ふたつの違いは、トム・コリンズのほうがジンの量が多く、アルコール度数が高め。

そして、ソーダの量が少なく、使うグラスも「コリンズ・グラス」という細長い専用グラスを使用します。

トム・コリンズの作り方

先ほどもご説明した通り、「トム・コリンズ」は、兄弟カクテルの「ジン・フィズ」とほぼ同じレシピで作ります。ここで使われるジンは、「オールド・トム・ジン」が手に入らない場合「ドライ・ジン」で作ることも可能です。

材料(2杯分)

・ジン...... 120cc
・レモンジュース...... 40cc
・砂糖...... 小さじ4杯
・ソーダ...... 適量
・氷...... 適量
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう