【ベース別】マストで知っておきたい人気カクテル一覧

数多くのレシピと逸話のあるカクテル。そのおもしろさとおいしさは無限大ですが、数が多すぎてなにから知ればいいのかわからない、と二の足を踏んでいるならば、まずはベース別に代表的なカクテルから知ってみませんか? これだけ知っていればカクテル通となれる、人気カクテルを一挙ご紹介します。

2019年7月4日 更新

知るほど奥が深いカクテルの世界

カクテルとはベースのお酒にほかのお酒、またはジュースなどを足して作るアルコール飲料のことです。甘口のものから辛口のもの、冷たいものに温かいものと種類は無限大。

作り手によって味が微妙に違ってきたりもするので、追求しはじめるとキリがないとまで言われています。そこで、ここではベースごとに代表的なカクテルをいくつかご紹介していこうと思います。

ウォッカベースの代表的なカクテル一覧

主にトウモロコシや大麦、小麦などの穀物類と麦芽を原料に作られる蒸留酒のひとつです。透明な見た目とクセのない味わいが特徴で、いろいろなものと相性がよいとされています。

アルコール度数は40℃から50℃が一般的ですが、中には90℃を越すものも。世界的にはロシアをはじめとした北欧圏で特に好まれていますね。

1. モスコミュール

モスコミュールはウォッカベースのカクテルの中でも特に有名なひとつでしょう。ウォッカにジンジャエールを注ぎ、お好みでライムを絞れば完成。生姜のさわやかさが効いた味わいで、口当たりはやや強めです。ジンジャエールを辛口のもので作ればキリっと辛口に、甘口のもので作れば女性でも飲みやすい甘口になります。

2. ソルティ・ドッグ

グラスの縁に塩がついているカクテルで有名なのがソルティ・ドッグ。グレープフルーツジュースで割ったものなんですが、塩と一緒に口に含むとクセになるようなさっぱり感が味わえます。飲むときはグラスを回しながら、常に塩が口に当たるように飲むといいですよ。
1 / 10

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう