さっぱりだけじゃない。カルディ「レモンアイテム」5品を食べくらべ

カルディでは、梅雨の湿気や暑さを吹き飛ばす「レモンアイテム」が充実中。ティータイムにぴったりなレモンスイーツから、この夏ブレイク必須のレモン料理まで、選りすぐりのレモンアイテムを5品を食べ比べてみました。あなた好みのレモンアイテムもきっと見つかります!

2019年7月9日 更新

この夏はカルディのレモンフードが主役!

ジメジメした梅雨の湿度や、これからやってくる夏の暑さを吹き飛ばしてくれるのが、さっぱり爽快なレモン。カルディではドリンクやスイーツ、ちょっぴり珍しいレトルトアイテムまで、数多くのレモンアイテムを扱っています。

なかでも実際に食べてみて「これはいける!」と思ったレモンアイテムを選りすぐってご紹介します♪

1. カレーの新おともはコレ!「レモンライス」

レモンライスの素

Photo by muccinpurin

「レモンライスの素」162円(税込)

ナンや白いライスを差し置いて、この夏のカレーのおともとして名乗りを上げているのが「レモンライス」です。香辛料を多く使ったカレーには欠かせない存在として、南インドでは昔から愛されているんですよ。

レモンとごはんの組み合わせって想像がつきにくいですが、いざ食べてみるとまったく違和感がないんです。あまりのおいしさに、なぜ今まで流行らなかったのか不思議なほど。
レモンライスを盛り付けたカレー

Photo by muccinpurin

ビビットな黄色の見た目にはじめはおっかなびっくりでしたが、カレーとともに口に運ぶと、驚くほどよく合うんです。クミンやマスタードシードを使っているので、実に自然にカレーとマッチします。

酸味はそこまで強すぎないものの、しっかりとレモンのさわやかさは残っているので、カレーをさっぱりと楽しめますよ。

2. この夏ヒットの予感「レモン麻婆豆腐」

レモン麻婆豆腐

Photo by muccinpurin

「レモン麻婆豆腐の素」198円(税込)

「レモンと麻婆豆腐って…」と、食べる前とあとでは印象がまったく違ったのが「レモン麻婆豆腐」です。唐辛子の辛さとレモンの酸味って、あまり出会うことのない組み合わせですもんね。

そんなレモン麻婆ですが、あらかじめとろみがついているので、仕上げの片栗粉が不要。ダマになったりとろみが緩かったりと、案外あの作業がむずかしかったりします。とろみがついているのはかなりポイント高めです。
レモン麻婆豆腐

Photo by muccinpurin

炒めたひき肉に豆腐を加え、レモン麻婆豆腐の素を加えればものの3分ほどで完成!熱源を使う時間をなるべく短く収めたい夏にもぴったいですね。

辛さが勝つでもなく、酸味が際立つでもなくちょうどいいバランスで食べやすく、まさに “麻婆豆腐は飲み物” 状態でするすると食べられます。

上品な辛さには絹ごし豆腐のやわらかな口どけがよくあうので、ぜひ絹ごし豆腐で作ってみてくださいね!

3. 夏限定の軽い口どけ「しっとりチーズケーキ レモン」

レモンチーズケーキ

Photo by muccinpurin

「しっとりチーズケーキ レモン」329円(税込)

お次はお待ちかねのデザート。カルディのなかでも人気が高い「しっとりチーズケーキ」の夏バージョンとして登場しているのが「しっとりチーズケーキ レモン」です。

直径15cmで4~5人は充分シェアできるのに、税込329円というコスパのよさも人気のヒミツ。そのままでもおいしいんですが、冷蔵庫で冷やしてから食べると、よりおいしさがアップしますよ。
カットしたレモンチーズケーキ

Photo by muccinpurin

空気をたっぷりと含んだ生地はしっとりなのに決して重すぎない、まさに夏にぴったりの焼き上がり。クリームチーズのおかげでレモンの酸味もトゲがなく、絶妙なバランスです。

濃厚すぎるケーキは敬遠しがちな夏も、このくらい軽くてさわやかならぺろりと食べてしまいそうです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう