思い立ったらすぐ作れる!さばのトマト煮に基本レシピ&人気アレンジ5選

庶民の味方「さば」を使っておしゃれなごちそうを作りましょう。本記事では、こんがり焼いたさばと甘酸っぱいトマトソースをあわせたひと品をご紹介。華やかな色合いはパーティレシピにもぴったり。バケットを添えたり、パスタに絡めたりと大活躍間違いなしですよ。

2019年7月25日 更新

さばのトマト煮の基本レシピ

小皿に取り分けたさばのトマト煮

Photo by ako0811

さばのオイリーなコクとトマトのあっさりとした酸味がベストマッチな「さばのトマト煮」のご紹介です。さばは先に軽く焼くことでくさみなく香ばしさが加わり食欲をそそるお味。

コトコト長時間煮込む必要もなく、思い立ったらすぐに作れるおかずですよ。普段のお夕飯にも、またおもてなしにも♪

材料(2人分)

・さば……2切れ
・塩、こしょう……少々
・玉ねぎ……小1/2個
・オリーブオイル……大さじ1杯
・にんにく……2片
・トマトの水煮缶……1/2缶
・白ワイン……50cc
・醤油……小さじ1杯
・ケチャップ……大さじ1杯
・粗挽き黒コショウ……適量
・乾燥ハーブ(バジルやパセリなど)……お好みで

作り方

1. さばは、塩、こしょうをして10分ほど寝かせます。出てきた水分をキッチンペーパーで丁寧にふき取りましょう。

2. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにします。

3. フライパンに、分量外のオイルを薄くひき、さばの皮目を下にして焼きます。両面こんがり焼き色がつくように焼けたら、バットに取り出しておきましょう。魚焼きグリルで加熱してもOKです。

4. 小鍋に、オリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくを常温からじっくり炒め香りを出します。追って、玉ねぎを加え、透き通って甘味がでるまでゆっくり炒めましょう。

5. トマトの水煮缶、白ワインを加え水分を飛ばすように10分ほどコトコト煮込みます。水分が表面に浮いてきたら醤油、ケチャップを加え、さらに5分ほど煮込みます。

6. 塩で調味し、味が決まればさばを戻し入れ、軽く加熱して合わせます。

7. 最後に黒こしょう、乾燥ハーブなどをお好みでふって完成です。

作るときのコツ

さばは先に焼いておくことでくさみがなく、パリッと香ばしい歯触りになります。そのまま魚料理のおかずとしてはもちろん、残ったら身を裂いてソースとあわせてしまいましょう。冷やしてパンにのせたり、パスタに絡めたりと幅広く活用できますよ。

フレッシュトマトやさば缶でも!人気アレンジ5選

1. お手軽アクアパッツァ風!さば缶のトマト煮込み

さば缶で作るトマト煮込み

Photo by macaroni

調理時間:20分

材料(2人分)
・さば水煮缶…1缶(190g)
・玉ねぎ……1/2個(100g)
・にんにく……1片
・ミニトマト……6個
・ブロッコリー……1/3房
・トマト缶……150g
・ブラックオリーブ(スライス)……適量
・塩……少々
・黒こしょう……少々
・オリーブオイル……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

こちらレシピ、たったの15分ほどで作れてしまうなんて驚きですね。その秘密は缶詰を上手に使うこと。骨までやわらか、そしてしっかり味のさば缶と、トマト缶を合わせることで短時間でコクのあるひと皿が完成します。

最後にフレッシュなトマトを加えることで、食感に違いが生まれより満足感が得られますよ。

2. とろ~りチーズのせ@鯖のトマト煮

さばを焼いて、トマトソースで煮込んだらとろけるチーズをたっぷり♪ トマトソースにチーズがあれば、魚嫌いな子どもでもおいしく食べられそうですね。

魚料理だけどボリューム満点、ガツン!と家族に元気をチャージ。暑い日でも汗をかきながら食べたくなるひと皿です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう