焼きたて高級食パンをデリバリー!「くちどけの朝じゃなきゃ」が用賀にオープン

2019年6月21日(金)、世田谷区用賀の駅前に高級食パン店「くちどけの朝じゃなきゃ!! 」がオープン。グランドオープンを前に内覧会におじゃましてきました。用賀や二子玉川の朝に革命を起こすであろう、その味をひと足お先に試食。うっとりするほどのくちどけをレポートします。

2019年6月21日 更新

世田谷の朝を変える、食パン専門店

くちどけの朝じゃなきゃの外観

Photo by muccinpurin

2019年6月21日(金)、世田谷区用賀に高級食パン専門店「くちどけの朝じゃなきゃ!! 」がオープン。編集部ではひと足お先に内覧会におじゃまし、噂の “くちどけ” を体験してきました!

田園都市線「用賀駅」の北口から歩くことほんの1分。コンビニやスーパーでにぎわう商店街に、ひときわ目を引く外観の店が今回お目当ての「くちどけの朝じゃなきゃ!! 」。

ベーカリーらしいナチュラルなレンガを使った外観に、新聞を読む男性のウォールアート。実はこのイラストにもちゃんと理由があるんですが、その答えはのちほど。

「くちどけの朝じゃなきゃ!! 」

外観

Photo by muccinpurin

「くちどけの朝じゃなきゃ!! 」は、世田谷区一帯に6000軒を読者に持つ、新聞販売店・ASAが立ち上げたベーカリー。「考えた人すごいわ」「題名のないパン屋」など、数々の高級食パン専門店を手がける、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏とタッグを組むことによって誕生しました。

だがしかし、新聞と高級食パンって、どんな繋がりがあるんでしょう。その答えを導くキーワードは “朝”にあります 。

昔は朝早い仕事といえば、新聞屋、豆腐屋が定番でした。ところが工場生産などで街の豆腐屋が減り、いまでは朝に動いているのは新聞屋とパン屋くらい。

こうして、“朝”をキーワードにつながった新聞と食パンで、用賀や二子玉川の朝にもっと彩りを!と誕生したのが「くちどけの朝じゃなきゃ!! 」でした。お店の顔ともいえるこのイラストも、食パンを食べつつ新聞を読む、最高の一日のはじまりをイメージして描かれたそう。そういわれてみると、深い!
焼きたての食パン

Photo by muccinpurin

お店誕生のきっかけを知ったところで、お待ちかねのラボを見学に。

メニューは「おめざの幸せ(プレーン)」「完熟モーニング(レーズン)」の2種類のみ。次々に焼きあがるパンのいい香りに、思わず取材を忘れて思わずうっとりしてしまいます。ずっとかいでいられる……!

材料の種類が限られる食パンは、とにかく素材が命。国産バター、北海道産の無添加生クリーム、宮古島の雪塩……と、全国から集めた選りすぐりの材料で作られています。

厳選素材で焼き上げる至極の一本「おめざの幸せ」

食パン

Photo by muccinpurin

「おめざの幸せ」2斤/900円(税込) ※パンがなくなり次第、販売終了

「まずはくちどけが楽しめる生で味わってください!」と、ベーカリープロデューサーの岸本さん。

おすすめ通り手でちぎってみると、まずそのしっとり感に驚きます。まるで赤ちゃんの肌に触れているような質感。パンでは感じたことのないしっとり感です。ふわふわとやわらかな食感ながら、意外にも生地はみっちりと詰まった感じ。

自然な甘みが口いっぱいに広がり、次に小麦の香りが追いかけてきます。これは焼かずに生のまま食べて正解!北海道の生乳や国産バターのおかげで、乳の香りもしっかりとあって、噛むほどに甘みが溢れてきます。
バターとはちみつをトッピングしたパン

Photo by muccinpurin

持ち帰って厚めにスライスし、はちみつとバターをのせて改めて食べてみると、パン本来の旨みをしみじみ感じます。シンプルな食パンなのに、粉の香りと乳のやさしい旨みが押し寄せてきて、もう余計なおかずがなくてもこれだけでごちそうな感じです。

これが朝食だったらと想像しながら、思わずにやけてしまうくちどけ。パンそのものがおいしいからこそ感じることができる、引き算のおいしさです。

ジューシーな甘さで朝から至福「完熟モーニング」

レーズンパン

Photo by muccinpurin

「完熟モーニング」2斤/1,100円(税込) ※パンがなくなり次第、販売終了

「おめざの幸せ」と並ぶ看板商品が、レーズンたっぷりの「完熟モーニング」。サンマスカットレーズンをぜいたくに使った、朝食はもちろん、お土産にもぴったりなデザート系食パンです。

厳選された産マスカットレーズンは、カットしている最中からそのみずみずしさを感じるほど。かじってみると、口のなかでじゅわっと果汁がはじけ、「これがレーズンなの!? 」と驚くほどのシャキシャキ食感です。
手で半分に割ったレーズンパン

Photo by muccinpurin

タイミングよく焼きあがった、レーズン食パン「完熟モーニング」を試食したのですが、ふわんと漂うやさしい小麦の香りに笑顔になってしまいました。立ちのぼる湯気の香りでおいしさを感じる、これはなかなか出会えない幸せな瞬間ですね……。

ミルキーなコクを感じる生地に、ジューシーなレーズンがゴロゴロ。そしてなにより、店名の通りのくちどけのよさに感動の嵐。こんなパンが朝から食べられるなら、いつもより早起きだってできちゃいます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう