2019年!新オープン「食パン専門店」リスト

世の中は空前の「高級食パン」ブーム。それを牽引するように、インパクトある店名や、パン屋らしからぬおしゃれな空間で注目を集める仕掛け人がいます。今回は、さまざまな高級食パンを大ヒットさせている岸本拓也氏が手がける「食パン専門店」をご紹介します。

2019年6月29日 更新

食パン専門店が続々オープン

岸本拓也氏をご存知でしょうか。全国にさまざまな人気のパン屋さんを送り出している、ベーカリー専門のプロデューサーです。 彼が手がけたお店は、パンの味やお店の雰囲気がいいのは言うまでもなく、店名がとってもユニークで、インパクト抜群。

大ブームを巻き起こしている高級食パンブームのなか、岸本氏が手がける食パン専門店は全国に続々オープンしています。今回は、岸本氏プロデュースのお店を中心に、2019年にオープンした行列必至の人気店をご紹介しましょう。
▼岸本卓也氏についてはこちら

大森「題名のないパン屋」

2019年4月24日(水)、東京・大森に、老舗佃煮屋「佃浅商店」が運営する高級食パン専門店「題名のないパン屋」がオープンしました。

このユニークな店舗名は “おいしいに言葉やストーリーはいらない。ただ現実に素直に感じるおいしさを届ければ、そこからストーリーが始まる” という思いから命名されたそうです。
無の極み“味噌”

無の極み“味噌” 2斤 840円(税抜)

こちらの店舗では、「無題の熟成(プレーン)」「無の極み“ぶどう”」「無の極み“味噌”」 の3種類が販売されています。なかでもおすすめなのは、日本五大味噌のひとつにも数えられる江戸味噌を使った「無の極み“味噌”」。この江戸味噌は、佃浅商店で惣菜作りに代々使用されてきた伝統の逸品です。

江戸味噌のやさしく深みのある甘さを最大限に生かし、口どけがよく、極限の柔らかさとみずみずしさが楽しめますよ。

栃木「うまい食パン」

2019年4月18日(木)、栃木県「道の駅どまんなかたぬま」に、食パン専門店「うまい食パン」がオープンしました。なんともストレートな店名ですよね。

通常、高級食パン専門店では2斤サイズの販売が多いんですが、こちらでは道の駅ということから、気軽に購入しやすい1斤サイズでも購入できるんです。
狙いうち(プレーン)

狙いうち(プレーン) 2斤734円/1斤367円(税込)

こちらで販売されているパンは、「狙いうち(プレーン)」「ストレート(ハード系プレーン)」「ど直球(レーズン)」と、個性的なネーミングの食パンが3種類。

九州産の小麦粉と国産バターを使用した「狙いうち」は、絹のようにきめ細やかで真っ白な生地が特徴。口に入れた瞬間、芳醇な甘い香りがふわっと広がり、まるでケーキのような口当たりです。

鹿児島「偉大なる発明」

2019年4月13日(土)、鹿児島市にある「ぴらも~る商店街」に、高級パン専門店「偉大なる発明」がオープンしました。こちらもまた個性的な店名ですが、「未だかつてない究極のパンを発明したぞ」という思いから付けられたのだとか。壁に描かれた発明家らしきイラストが目を惹きます。
新熟成(プレーン)

新熟成(プレーン)2斤 800円(税別)

こちらで販売されているのは「新熟成(プレーン)」と「果樹園(レーズン)」の2種類。

究極の柔らかさと口どけの良さが自慢の「新熟成」には、無添加の生クリーム、コクのある国産バターがたっぷりと練りこまれ、まるでケーキのような贅沢な食感を実現! トーストせずにそのままちぎって食べるのがおすすめです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう