台湾好き集まれ!日本初「誠品生活日本橋」の内部を先取り公開

2019年9月27日(金)、日本橋エリアに「コレド室町テラス」が誕生します。そのメインテナントとして日本に初上陸するのが、台湾発の大人気ライフスタイル&ブックストア『誠品生活』です。6月11日(火)に行われた先行体験会の様子とともに、大注目の9店舗のブランドの魅力をご紹介します。

2019年9月5日 更新

ライター : macaroni編集部レポート

macaroni編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

2019秋、待望の「誠品生活」が日本橋にオープン!

2019年9月27日(金)、日本橋室町三井タワーの地下1階・1階・2階に、3フロア構成でオープンする「コレド室町テラス」。 なんといっても最大の見所は、2階フロアのメインテナント「誠品生活(せいひんせいかつ)日本橋」! 台湾を中心に、香港や中国も合わせて49店舗出店しており、 "世界でもっともクールな百貨店14" や "アジアでもっとも優れた書店" にも選ばれるほどです。 誠品生活は「Books, and Everything in Between.(本とくらしの間に)」をコンセプトに、書籍や雑貨、食料品などを提供している、文化情報発信拠点。日本でいうと "蔦屋書店" がイメージに近いでしょう。

「誠品生活日本橋」の全容を先取り解説

有隣堂が運営する「誠品生活日本橋」のコンセプトは『くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド』。書籍ゾーンである「誠品書店」、「文具ゾーン」、「セレクト物販・ワークショップゾーン」、「レストラン・食物販ゾーン」の4つのゾーンに分かれています。 独自のセレクトによる書籍が並び、これまで台湾でしか買えなかったブランドの商品が買えるだけでなく、注目すべきは "体験型イベント" が豊富なところ。トークセッションや音楽イベント、アート展の開催など、いつ訪れても新しいカルチャーに触れることができるんです! この記事では、2018年12月に台湾の誠品生活に足を運んできたばかりの台湾大好き筆者が、6月11日におこなわれた先行体験会の様子をレポート!併設されるクッキングスタジオと、大注目の9ブランドをご紹介します。

買って学べる!誠品生活市集とクッキングスタジオ

Photo by macaroni

誠品生活市集内の「クッキングスタジオ」イメージ図
料理好きにとって最大の見所は、食物販ゾーン「誠品生活市集」内に設置されるクッキングスタジオ。さまざまな料理家やシェフによる "食のワークショップ" が開催される予定なんだとか。 本場の味が直接学べるのはかなり貴重。食卓に台湾の味が並ぶ日はそう遠くないですね……!

Photo by macaroni

もちろん、こだわりの食料品やキッチン雑貨も発売されます。まだどの商品が店頭に並ぶかは決まっていないようですが、きっと、あれもこれも欲しくなってしまうはず……。 藁で作られた鍋敷きや、台湾製のお鍋にやかん。どれもシンプルだけれどちょっとレトロで、"クセはないけど味がある" のが素敵。日本の暮らしにもすっと馴染んでくれそうです。

Photo by macaroni

食料品の試食で並んでいたグリーンピースのお菓子。塩気がしっかりと効いていてビールが止まらなくなることまちがいなし。小袋包装なのでみんなで分けやすくていいですね。 左側のお皿の上にのっている丸いお菓子は、タピオカをチョコレートでまとってある小袋のキャンディサイズのお菓子。いつでも大好きなタピオカが食べられるなんて、これはもう会社のデスクに欠かせません。

誠品生活で日本初上陸!注目の台湾老舗フード

1. グォユェンイー(お菓子)

Photo by macaroni

続いて注目の各ブランドをご紹介。「郭元益(グォユェンイー)」は、台湾で知らない人はいないほどの老舗食品企業です。 写真のギフトセットは、ブランド設立150周年を記念して作られたもので、色とりどりのらくがんを詰め合わせしたもの。単品でも購入することができる、『ピーナッツらくがん』は、驚くほどしっとり! 日本のらくがんとは違ってバターを使用しているんだとか。口の中で溶けながら、ピーナッツのたまらなく良い香りが広がります……。

Photo by macaroni

『ミニパイナップルカスタドお菓子』と書かれたこちらのお菓子は、あのパイナップルケーキの進化版のようなお菓子。濃厚なパイナップルのジャムをパイで包んだお菓子です。 27層に重ねられたパイは、なんとすべて手織り作業で作られているそう。中のジャムは甘みが強くて濃厚。口に入れると、サクサクっと繊細にくずれていきながらしっとりした中身と合わさって、一体感が生まれます。これまで食べてきたパイナップルケーキとは正直別物です。 グォユェンイーのお菓子は祖母の家に持っていきたくなるような素朴なおいしさで、台湾フードのレベルの高さに早くも感激!

2. ワンダーチュアン(台湾茶)

Photo by macaroni

茶師が淹れた台湾茶をいただけるのは、台湾茶ティーサロンとして日本に初出店する「王徳傳(ワンダーチュワン)」。150年以上の歴史がある老舗の台湾茶荘です。 専門の茶畑で生産されたこだわりの台湾ウーロン茶をイートインとテイクアウトで楽しめるほか、教室もおこなう予定だそう!家で本格的な台湾茶が楽しめるようになるのは嬉しいですね。いただいた凍頂ウーロン茶は香り高く、まろやかな苦味も心地よい一杯でした。

Photo by macaroni

そして、同ブランドの商品でとてもおいしかったのが「AMRITA(アムリタ)」というスパークリング高山ウーロンティー。ノンシュガー・ノンアルコールなので、食事のときにもぴったりで本当に飲みやすいんです。 アムリタに、オレンジのリキュール "コアントロー" とフルーツを入れた『ウーロンカクテル』もいただきましたが、華やかな香りでさっぱりとした飲み口。お酒が苦手な女性にもおすすめです。

3. フージンツリー(台湾料理 / レストラン)

Photo by macaroni

台北で今注目されている、シャンパンと台湾料理を組み合わせたレストラン「富錦樹台菜香檳(フージンツリー)」も、日本に初出店。 台湾でファッション・ライフスタイルブランドを展開する会社が手がけており、台北に1店舗、次の出店が日本だなんて、これは注目せざるを得ません。

Photo by macaroni

スパイスを使っていながらもやさしい味付けが多い台湾料理と、シュワっと爽やかな口当たりのシャンパン。どんな風に合うんでしょうか。本場でも目新しい組み合わせが体験できると話題だそう。 おすすめを聞いてみると、独自で作られた特製のラー油はぜひ食べてほしいとのこと(一部ラー油をかけて食べる商品があります)。もちろん辛くない料理もあり、八角も使っていないということなので、みんなで楽しめそうなお店です。オープンが待ち遠しい!
Photos:21枚
誠品生活台中中友店
誠品生活、1階のフロアイメージ
誠品生活市集内のクッキングスタジオイメージ図
台湾雑貨が並んでいる
誠品生活で取り扱い予定の食料品の試食
グォユェンイーのお菓子ギフトセット
グォユェンイーのミニパイナップルカスタドお菓子
ワンダーチュアンブースでお茶を淹れてくれる女性
ワンダーチュアンのウーロンスパークリングティーAMRITA
シャンパンと台湾料理のフージンツリー
シャンパン(モエ)が並ぶ
ビーカーで香りが体験できるP.Sevenのブース
木の台に乗った三角のおしゃれな台湾茶香水
YUANの石鹸などが並ぶブース
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS