上手に保存で賢く日持ち!チンゲン菜の3つの冷凍方法

鮮やかな緑色とシャキシャキとした食感が特徴のチンゲン菜。独特の苦みと香りが、好きな方も多いはず。そんなチンゲン菜ですが、冷凍保存が効くのをご存知でしょうか?生のまま、ゆでて、炒めての3つの冷凍保存方法をご紹介。チンゲン菜を使ったレシピも5つ登場します。

2019年6月10日 更新

解凍方法と食べ方

自然解凍やレンジで解凍するほか、ほかのものと合わせて調理に使うなら凍った状態のまま使うことができますよ。冷凍前、炒める際に塩を振っておけば、即席ラーメンのトッピングに使ったり、添え物にしたりとレンジで加熱してそのまま使えます。

冷凍チンゲン菜の活用レシピ5選

1. チンゲンサイとちくわの煮浸し

チンゲン菜と言えば、煮物に使うという方も多いはず。冷凍保存のチンゲン菜は、煮物に使うのに最適なんです。こちらの煮浸しなら、ちくわの旨みもお出汁に染み出し、チンゲン菜にたっぷり含まれます。冷えてもおいしいので、作り置きにもおすすめです。汁気を切ってお弁当に詰めるのもいいですね。

2. チンゲン菜の生姜炒め

鶏がらスープで炒め煮にするひと皿。しょうがが効いていて、ごはんによく合います。輪切り唐辛子を加えたり、こしょうを多めに振ったりと、辛めに仕上げるのもおいしそうですよ。鶏ひき肉を加えれば、ボリュームもアップ♪

3. チンゲン菜の甘辛味噌の挽き肉がけ

こちらは、ごはんにはもちろん、お酒のアテにもぴったりのひと皿です。チンゲン菜に、甘辛く炊いた味噌ひき肉をのせるだけのかんたん調理。ひき肉をたっぷり絡ませていただきますよ。ゆでてから冷凍したチンゲン菜なら、さらにかんたんに作れますね♪

4. チンゲンサイのクリーム煮

塩こしょうのシンプルな味付けや中華風、煮物などのほか、チンゲン菜はクリーム系の味付けもよく合いますよ。チンゲン菜の独特の香りに、濃厚なクリームが絡まり、とっても深いお味が叶います。こしょう多めがおすすめです。

5. ちぎり厚揚げとちんげん菜のキムチ炒め

こちらは、献立のメインにもなるひと皿。厚揚げの旨みたっぷりの油が全体に行き届き、コクのある味わいです。キムチの辛みが効いていて、ごはんによく合いますよ。冷凍チンゲン菜は、生・ゆで・炒め、どれでも使いやすそうです。

特集

FEATURE CONTENTS