作りおきにも。冷めてもおいしい「揚げびたし」レシピ

みなさんは夏の暑い日、何も食べたくないな……と思ったことはありませんか。揚げびたしは夏の暑い日でも食べやすくおいしいお惣菜です。酢をきかせて冷やして食べると暑い夏でものりこえていけますよ。今回はおなじみ白だしを使った揚げびたしの基本のレシピから、アレンジレシピをご紹介します。

2019年6月13日 更新

まずはなすで!揚げびたしの基本レシピ

器に盛られたなすの揚げびたし

Photo by koku_koku

なすは切り目を入れて、油で揚げたらすぐにだし汁の中へ。一回噛むと口の中でじゅわっと広がるうま味はクセになってしまいそう!これからの夏に大活躍間違いなしの「なすの揚げびたし」をご紹介していきますよ。

材料(2人分)

・なす……2本
・白だし……大さじ3杯

★酒……大さじ1杯
★みりん……大さじ2杯
★水……1カップ(味の濃さは調節してください)

※トッピングにおすすめ
・大根おろし……適量
・みょうが……1本

作り方

1. なすは切り目を入れて1/3ずつ切り分けておきます。

2. ★の材料を小鍋に入れてひと煮たちさせます。みりんのアルコールが抜けたらバットに流しておきましょう。

3. フライパンに1cm程度の深さになるように油を注いで、180℃に設定します。

4. なすの皮から揚げていきます。3分ほど揚げたら、ひっくり返して2分揚げます。

5. 揚げ終わったら、すぐに2のだし汁の中に浸していきます。そのまま5分おいて完成です。

なすは皮から揚げましょう

なすの色をキレイに出すためには、皮から揚げるのがおすすめです。切り込みの中に上手に油が染みて、火の通り方もよくなります。

揚げ終わったら熱いうちに出汁を吸わせてくださいね。たくさん作って冷やして食べてもおいしいですよ。
1 / 3

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう