自家製ソースやドレッシングに!簡単バジルペーストの作り方

料理が彩りよく香り高く仕上がるバジルは、夏が旬。家庭菜園で育てているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。さわやかで豊かな風味は、料理のトッピングに限らず、ソースやドレッシングとしてもぜひ活用したいものです。

2019年5月31日 更新

かんたん便利!バジルペーストの作り方

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。
バジルペーストの作り方は意外なほどシンプルでかんたんです。材料は、バジル、ニンニク、粉チーズ、松の実、オリーブオイル、塩のみ。オリーブオイルはエクストラバージンを使用します。
材料(容量120~150mlの保存瓶 約1本分)
・バジルの葉(正味)…40g
・ニンニク…1/2片
・松の実…30g
・粉チーズ…30g
・オリーブオイル…75ml(1/3カップ)
・塩…小さじ1/2

育ちすぎた葉は硬いため使わない

育ちすぎた葉は硬くなるだけでなく、青臭く苦みも出てくるため、使わないようにしましょう。 バジルはサッと洗って水気をきり、茎の部分を取り除く。葉が傷むと黒くなりやすいので、優しく手早く扱う。黒くなってしまった葉は取り除く。
ニンニクはざく切りにしてフードプロセッサーに入れ、松の実を少量ずつ加えながら混ぜ合わせる。次にバジル、粉チーズを加え、なめらかになるまで撹拌する。
最後にオリーブオイルを少しずつ加えながら、さらに混ぜ合わせ、なじんだら完成。

料理に使いやすい、便利な保存法

できあがったバジルペーストは、数日中に使いきるようであれば、冷蔵庫で保存します。口の広い保存瓶に入れ、ペーストの表面をラップでぴったりと覆って密閉しましょう。

すぐに使いきれない場合は、下の写真のように保存袋へ入れて冷凍しておくのもおすすめ。冷凍すると黒っぽく変色するのも防げます。冷凍の場合は、1カ月程度を目安に使いきりましょう。

密封して薄くすれば使うときに便利!

保存袋に入れたペーストは、上の写真のようにできるだけ薄く平たくのばし、空気を抜いてから冷凍するのがコツ。冷凍庫内で場所を取らずにスマートに保存できるだけでなく、適量を割って使えるので便利です。   

料理の幅が広がるバジルペーストの使い方

バジルペーストといえば、パスタのジェノベーゼソースのイメージが定着していますが、他の食材にかけたり、パンに塗ったりしても美味。また、マヨネーズと合わせてディップやソースにしても重宝します。

そのままかける&あえる

茹でたじゃがいもやタコにバジルペーストをかけて、軽くあえるだけで香り豊かな一品に。また、薄切りにしたトマトとモッツァレラチーズを並べたものにかければ、カプレーゼも手軽に作れます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

VEGEDAY

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう