シンプルな梅干しが食べたい!プロが教える王道の漬け方

梅と塩だけで作られたシンプルな梅干しが食べたい! と思ってなかなか売っていない……。それなら作りましょう!ということで今回は、料理のプロに、初めての私でも失敗しにくく簡単でわかりやすい、王道の漬け方を教えてもらいました。

2019年5月29日 更新

自宅で梅干しを作りませんか?

この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。
梅と塩だけで作られたシンプルな梅干しが食べたい! と思っている編集部Sです。でも、なかなか売っていないんですよね(売っていてもすごく高価)。

それならば、手作りするしかありません。料理のプロに、初めての私でも失敗しにくく簡単でわかりやすい、王道の漬け方を教えてもらいました。いつか作りたいと思っていた方、ご一緒しませんか?

塩分18%、きほんの梅干しの作り方・レシピ

手作り梅干しの工程は、大まかに以下の通り。時期を選ぶことも大切です。

梅干し作りの流れ

梅の塩漬けを作る:6月中旬〜下旬頃
↓(約1週間以上)
赤紫蘇を加える:6月下旬まで〜7月上旬頃
↓(約2週間以上)
3日間の天日干し:7月中旬〜下旬頃の晴天が続く日
↓(約3日以上)
完成!
レシピは簡単に覚えやすい梅5kg分で紹介していますが、梅に対する塩の比率=18%を守れば量は増減してOK。ただ、塩分を減らすとカビが生えやすくなるので、まずはこちらのレシピで挑戦するのがおすすめです。

材料

梅の塩漬け
・完熟梅  5kg
・粗塩 900g(梅の18%) 
・焼酎 35度のもの 1/2カップ程度 

赤紫蘇の下処理
・赤紫蘇 1kg(梅の20%)
・粗塩 200g(赤ジソの20%)
・白梅酢 赤ジソにひたひた程度の量

準備が必要な道具
・梅を漬ける容器(中蓋・外蓋つき、酸に強い材質のもの)、重石(5kg)、大きめで平たい盆ざる
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう