旬のメバルを堪能しよう!さばき方&おすすめの食べ方5選

メバルには、春においしくなる赤色のウスメバルや、秋から年明けまでが旬の黒メバルなど、さまざまなメバルがいます。今回は、一般的なサイズのメバルのさばき方として、三枚おろしの方法をご紹介します。三枚におろしたメバルは、カルパッチョや南蛮漬けなどさまざまな料理に使うことができますよ。

2019年6月5日 更新

メバルの基本のさばき方

三枚におろしたメバルの身

Photo by uli04_29

メバルを三枚おろしにするさばき方をご紹介します。さばき方をチェックする前に、背骨(いちばん太い魚の真ん中に真っすぐ入っている骨)、中骨(背骨から背側に伸びる複数ある細い骨)、腹骨(背骨から腹側に伸びる複数ある細い骨)の違いと位置を確認しておくと、スムーズにさばくことができますよ。

用意するもの

・メバル
・包丁
・まな板
・ボウル
・キッチンペーパー
・骨抜き(あれば)
・ウロコ取り(あれば)

さばき方

1. ウロコを落とす

メバルのウロコを包丁で落とす様子

Photo by uli04_29

包丁の刃を左右に動かし、ウロコを取ります。ウロコ取りがあれば活用しましょう。

2. 腹ビレと胸ビレに沿って両側から切り込みを入れる

腹ビレと胸ビレに沿って包丁を入れる様子

Photo by uli04_29

腹ビレと胸ビレの両方に沿うよう、斜めに包丁を入れます。切り込みを入れたら、裏返して反対側からも切り込みを入れましょう。両側に切り込みを入れたら、包丁の根元部分を背骨に立てるようにして、背骨を断ち切ります。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう