ウニの旬や食べごろはいつ?旬ごとの代表的な品種と選び方のコツ

お寿司のネタとしても人気の高いウニ。まったりと濃厚な旨みが好きだという方も多いはず。そんなウニのおいしい旬の時期や食べごろをご存知でしょうか。旬の時期ごとに分けて代表的な品種をご紹介。産地のほか、おいしいウニを選ぶコツも解説します。

2019年5月31日 更新

主な産地

キタムラサキウニは、日本海側では北海道から長崎県の対馬沿岸、朝鮮半島の海域に生息。太平洋側は北海道の襟裳岬から神奈川県に面した相模湾に生息しています。太平洋やインド洋にも生息しており、かなり広い範囲で獲られているウニです。

アカウニ

アカウニは、その名のとおり赤褐色をしているウニです。上から見るまるい形はそのほかのウニと同じですが、真横から見ると押しつぶしたように平たい形をしているのが特徴です。棘は短めで、大きさは8cmほどと中サイズのウニです。

主な産地

アカウニは東京湾から九州までの太平洋側、あたたかい海域に生息する日本固有の品種です。水深の深い岩の下などに生息していて、獲ることもむずかしいのだとか。漁獲される量が少なく、産地で消費されることが多いウニであり、市場価格は高額となります。

おいしいウニを選ぶコツ

殻付きのウニを選ぶ際に抑えるポイントは3つ。トゲがまだ動いているもの、口の部分がしっかりと閉じているもの、手のひらにのせてみてずっしりと重いものを選びましょう。

見た目が大きいからと言って身入りがいいわけではないので、中身の詰まっているものを見極めることが必要ですよ。塩水ウニの場合は、塩水が濁っていないかをチェックします。木箱にのっているものはふっくらと大きく、発色のいいものを選びましょう。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう