ライター : wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプラが大好きです♪

東南アジアNo.1のビール大国「ベトナム」

バインミーなどでおなじみのベトナムですが、実はビールの生産量、消費量がともに世界トップクラスなんですよ! ベトナムピールは全体的に薄くさっぱりとした飲み口で、水のようにがぶがぶ飲める感じ。甘みが強いので、ビールの苦みが苦手な方でも飲みやすいと思いますよ。現地では蒸し暑い日が多いこともあり、氷を入れて飲むのが一般的です。

ベトナムの人気ビールメーカー

ベトナムのビールメーカー大手は、国営企業である「サイゴンビール・アルコール飲料総公社(サベコ)」と「ハノイ・ビア・アルコール飲料総公社(ハベコ)」。 海外メーカーも続々ベトナムに進出していて、ハイネケンが現地企業とタイアップした「ハイネケン・ベトナム・ブルワリー(Vietnam Brewery)」や、カールスバーグがタイアップした「フエ・ブルワリー(Hue Brewery)」も有名です。

コスパのよさがすごい!

ベトナムのビールはうらやましいことに価格も安く、現地では330ml缶のビールが8,500ドン、日本円にして約42円前後で買えるんです。海外メーカーのものでも、ベトナム製なら13,000ドン~18,000ドン、日本円で約65円~90円で販売されているのですよ!

持ち帰りはできる?

日本に持ち帰ることのできるビールの量は、350ml缶のビールなら2本までです。ビンはセキュリティーチェックの際に没収されてしまうので、気を付けてください。持ち運びは、手荷物でもスーツケースでも、どちらでもOKです♪

ベトナムビールの人気メーカー「サベコ ブルワリー」

「サベコ ブルワリー(Sabeco Brewery、サイゴンビール・アルコール飲料総公社)」は、南部にあるベトナムビールの最大手。ベトナムのビール市場で約45%のシェアを誇っています。主力商品は、低価格ビールからプレミアムビールまでさまざま。

1. サベコといえばコレ!「ビア・サイゴン・ラガー」

ホーチミンでメジャーな「サイゴンビール」は、下面発酵で作られたドライなビール。口当たりもさっぱりしていて飲みやすく、ほのかにフルーティーな風味もあります。コスパバツグンで、数あるベトナムビールのなかでも売れ筋です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS